【サニックス杯】ユースのレベルを超える鳥栖U-18の“逸材”! 楢原慶輝がたった1年で急成長したワケ

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2022年03月22日

初優勝の鳥栖U-18で抜群の存在感

鳥栖U-18の初優勝で幕を閉じたサニックス杯。好チームのなかで楢原は抜群の存在感を見せた。写真:松尾祐希

画像を見る

 相手に掴まれても倒れない。ふたりがかりで来た相手を物ともせずに前へボールを運んでいく。以前まで華奢で当たり負けしていた少年は、この1年で見違えるように逞しくなった。

 3月20日まで福岡県のグローバルアリーナで行なわれていたサニックス杯ユースサッカー大会は、サガン鳥栖U-18の初優勝で幕を閉じた。今年の鳥栖はタレントが揃う好チーム。すでにトップチームでデビューを果たしている選手が3名おり、今大会の戦いぶりは相手を寄せ付けない強さがあった。そんな鳥栖の中で抜群の存在感を放っていた選手がいる。1年次から主軸として活躍してきたMF楢原慶輝(新3年)だ。

 各年代の世代別代表に常時招集され、早くから将来を期待されてきた。2月23日のルヴァンカップ第1節の北海道コンサドーレ札幌戦で先発起用されてトップチームデビューを果たし、3月2日に行なわれた第2節の京都サンガF.C.戦には途中出場。右ウイングバックとして力強い突破を随所に見せていた。
 
 Jリーグの舞台で確かな手応えを掴んで迎えた今大会は、4-3-3の右ウイングで誰もが驚くようなプレーを披露。とりわけ素晴らしかったのが、当たり負けしないパワーとプレーエリアの広さだ。

 相手が警戒し、2人がかりで止めに来るシーンも珍しくなかったが、上半身と下半身の強さを生かして前にどんどんボールを運んでいった。17日の神村学園戦では、MF坂井駿也(新3年)が放ったシュートのこぼれ球に反応。シュートコースが限られていたが、体幹の強さを生かしてきっちりゴールに押し込んだ。

 また、桁違いの運動量でも相手を圧倒。守備では自陣深くまで戻ることもあり、攻撃では逆サイドまで顔を出すシーンも多かった。

 そんな楢原だが、もともと身体が強いとは言えない選手だ。サイズは168センチ・61キロ。1年前のサニックス杯で本人に話を訊いた際も、食事の見直しとフィジカルトレーニングで当たり負けしない身体を作っている最中と話すほど、線の細さが課題だった。

 2年次の春から体重はアップしたのだが、筋力はまだまだ未発達。身体づくりに関しては地道に積み重ねるしかない。しかし、楢原に試練が訪れる。昨夏のクラブユース選手権の初戦で相手のタックルをかわした際に着地に失敗。鎖骨を負傷し、粉砕骨折と診断され、ボルトを入れることになった。
 
【関連記事】
【サニックス杯】鳥栖U-18が初優勝!トップデビュー済みの逸材がハットトリックの大活躍で広島ユースの連覇を阻む
「とんでもない化け物」内田篤人が17歳の怪物高校生DFを絶賛!「CBで飛び級って凄いんですよ」
矢板中央からスペイン行きを選んだ18歳のストライカーを直撃! J下部組織から強豪校を経て、海外挑戦に至るまでの紆余曲折とは?
矢板中央からスペイン行きを選んだ18歳のストライカーを直撃! J下部組織から強豪校を経て、海外挑戦に至るまでの紆余曲折とは?
「日本の大一番を前に…」前田大然の代表辞退に海外メディア記者も困惑! 「セルティックにとってはグッドニュース」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ