久保建英のレアル復帰の可能性は何%?マドリー番記者に直撃!「タケの去就の鍵を握る選手が…」【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

セルヒオ・サントス

2022年03月20日

「復帰の扉をこじ開けるにはインパクト不足というのが大方の評価」

ここまで公式戦2ゴール。マドリー復帰に向け、インパクトを残すまでには至っていない。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 来シーズンのレアル・マドリーへの復帰が注目されているのが、現在マジョルカにレンタル中の久保建英だ。現状で復帰の可能性は、何パーセントぐらいあるのか。マドリーの内部事情に詳しい『AS』紙のセルヒオ・サントス記者に訊いた。

―――◆―――◆―――

 タケ・クボ(久保建英)のレアル・マドリー戦におけるパフォーマンスは、かなり控えめなものに終わった。何度もボールを要求し、献身的にプレスをかけて守備でも貢献。あらゆることにトライする姿勢が光り悪くはなかったが、保有元のマドリーの関係者の目に留まるような目立ったプレーはほとんどなかった。

 またタフさと激しさを前面に押し出して首位チームに立ち向かったマジョルカのゲームプランも、有利に働くことはなかった。周囲とのパス交換やスペースに抜け出すプレーを得意とするタケにとって、理想のシナリオではない。

【画像】久保建英がマドリーFWから連続で顔に肘打ちを食らう決定的シーン
 もっとも直接対決と言っても、この一戦の結果をやたらと強調する必要はない。素晴らしいパフォーマンスをすれば当然アピールに繋がるが、特定の試合で低調な出来に終わったからといってクラブの方針が変わるわけではない。マドリーの関係者が評価するのはあくまでシーズンを通してのパフォーマンスだ。

 そうしたトータルな視点で見ると、タケがこれまで残している数字はまずまずではあるが、優れているとも言えない。降格を回避するために戦っているマジョルカで、全コンペティション合わせて2得点、3アシストを記録。手応えのあるプレーを見せた試合もいくつかあったが、復帰の扉をこじ開けるにはインパクト不足というのが大方の評価だろう。

 自ずと来シーズン、マドリーで居場所を確保するのは困難という結論が導かれるが、その話をする以前にまず不可避な前提条件がある。ヴィニシウス・ジュニオールのスペイン国籍の取得だ。クラブ内では、来シーズンの開幕までに許可が下り、EU圏外枠が一つ空くことを想定している。しかし、この種の手続きはとにかく時間を要し、クラブが決定権を握っているわけではない。

 現在3つのEU圏外枠を占めているのは、そのヴィニシウスに加え、ロドリゴ、エデル・ミリトンの3人。いずれも来シーズンの残留を確約されている選手たちだ。したがって、タケが復帰の目標を叶えるには、ヴィニシウスが無事にスペイン国籍を取得し枠が一つ空くのを待つしかない。
【関連記事】
「タケに2度パンチをした」久保建英へのブラジル代表FWの“2連続肘打ち”をマジョルカ指揮官が非難!「マドリーは10人になるべきだった」
「日本代表のメンバーはひどい」対戦する森保Jの招集27人に敵国ベトナムのメディアが驚嘆!「久保に南野、旗手や前田まで…」
「クボの左足に疑いの余地はない」久保建英のパフォーマンスをマドリー寄りメディアは称賛!「マジョルカで最高だった」
「次元が違う、アホちゃうか」本田圭佑、ロシア侵攻問題への批判に反論「まともな議論ができる人がこれほど少ないとは」
大迫の代役は誰? 現実的には南野か。問われる指揮官の手腕。漂う停滞感を打破するには東京五輪世代の抜擢も一案

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ