• トップ
  • ニュース一覧
  • 【サッカーダイジェストの視点】宿敵・韓国に機能しなかった「縦に速いサッカー」。再考の余地はある

【サッカーダイジェストの視点】宿敵・韓国に機能しなかった「縦に速いサッカー」。再考の余地はある

カテゴリ:日本代表

五十嵐創(サッカーダイジェスト)

2015年08月06日

準備不足や疲労などを考えれば、堅守速攻は現実的な選択肢。

北朝鮮戦に比べて守備は安定。守護神の西川も身体を張って韓国の攻撃を防いでいた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 守りを固めて、少ないチャンスに賭ける。韓国戦を振り返れば、日本はいわゆる“弱者のサッカー”を展開したと言っていいだろう。

【マッチレポート】日本 1-1 韓国

【東アジアカップ PHOTO】日本 1-1 韓国

 ただ、決してネガティブな選択肢ではなかった。ハリルホジッチ監督がボヤく「準備期間の短さ」、連戦や移動での疲労、新戦力を組み込むうえでの連係面の未熟さを考えれば、堅守速攻は現実的な戦い方だった。
 
 実際、守備陣は90分間に渡り集中を保ち、長身FWのキム・シンウクに仕事をさせなかった。アンカーに抜擢された藤田は、トップ下のジュ・セヨンをマンマークして決定的な仕事をさせなかった。結果的にPKで1失点したものの、ロングボールで逆転負けした北朝鮮戦の反省をきっちりと活かした形だ。
 
 問題だったのは、「縦に速いサッカー」を志向した攻撃面だろう。「就任して以来、最もチャンスが少ない試合だった」とハリルホジッチ監督が話したように、決定機はわずか。ゴールは山口のミドルによる1点のみだった。ロングボールをキープするなど最前線で孤軍奮闘していたCFの興梠も、周囲のフォローに恵まれずスローダウンするシーンがほとんどだった。
 
「相手の背後を効果的に狙えるほど、動きや技術のクオリティがなかった。そのために背後にボールが出せませんでしたし、カウンターでチャンスを作り出す可能性も低かったということです」
 
 ハリルホジッチ監督がそう言うとおり、確かに「クオリティ」に問題があった。何度か迎えたカウンターのシーンでは、イージーなパスミスが目立った。自分たちでチャンスを潰していたと言えなくもない。
 
 
 
【関連記事】
【東アジアカップ】金田喜稔が韓国戦を分析|本来のコンセプトを失い、“負の連鎖”に迷い込む
【東アジアカップ】「縦に速いサッカー」は依然として未完成。興梠が口にした課題とは?
【セルジオ越後の天国と地獄】チャレンジする集団になっていない。「ハリル劇場」が危うくなってきた
【日本 対 韓国】サッカーダイジェスト特派記者の採点&寸評
【東アジアカップ】韓国戦を終えて――浅野「できないことがあるからこそ成長できる」
【東アジアカップ】韓国戦を終えて――山口「ゴールという結果は欲しかった」
【東アジアカップ】代表初ゴールは淡々と。山口蛍は諦めない
【東アジアカップ】韓国戦を終えて――槙野「高さの部分と監督の言う“デュエル”の部分で、戦う姿勢を出せた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ