「日本の別のクラブから接触があった」神戸FWボージャンはなぜオファーを断ったのか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年02月20日

「異国の地で一人でいるのが、どういうことか…」

神戸で2年目を迎えたボージャン。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表FWボージャン・クルキッチが、2月19日付けの母国紙『AS』のインタビューで、神戸以外のJクラブからオファーがあった過去を明かしている。

 現在31歳の技巧派アタッカーは、バルセロナのカンテラ(下部組織)でゴールを量産し、2007年に17歳でトップデビュー。リオネル・メッシが持っていたクラブの最年少得点記録を塗り変えるなど鮮烈なインパクトを残し、“メッシ2世”と持てはやされたりもした。

 ただ、その後は伸び悩み、イタリア、オランダ、イングランド、ドイツ、スペイン、カナダを転々。昨年8月、新たな活躍の場に選んだのが日本だった。

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
 バルセロナで共闘したアンドレス・イニエスタの仲介によって神戸との交渉が始まり、「木曜に連絡があり、週明けの月曜日には返事をしなければならなかった」と、半年前を回顧したボージャン。「イニエスタと(同じく元バルサのセルジ・)サンペールがヴィッセル神戸にいなかったら、答は違っていたかもしれない?」という質問には、こう答えている。

「以前、Jリーグの別のクラブからコンタクトがあった。僕は経験が豊富だから、異国の地で一人でいるのが、どういうことかを分かっていたので、(オファーを)受けなかった」

 ボージャンは「カナダから、日本に行くことになったけど、それは文化的にもサッカー的にも変化を意味していて、彼らが一緒にいると感じる必要があった。彼らが適応するのをとても簡単にしてくれた」と2人に感謝の意を表している。

 やはり、日本にやって来るにあたって、旧知の2選手の存在は大きく、実際にすぐ馴染むことができたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】七五三の女の子とのツーショットも! ボージャンが関西有数のパワースポット生田神社でオフを満喫

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 
【関連記事】
「まるで別世界にいるよう」神戸FWボージャンが母国紙に語った日本の印象。とくに感銘を受けたのは?「お気に入りになった」
「衝撃だった」神戸FWボージャンは日本に来て何に驚いたのか?「海外の選手も…」
「信じられないような若手がいた」前横浜ヘッドコーチがJリーグで受けた衝撃を告白!「ぎりぎりで残留したチームに…」
神戸FWボージャンが考える“史上最高の選手”は? メッシでもイニエスタでもないバルサの先達とは…
「日本ではブラジルよりもはるかに…」神戸FWリンコンがJリーグで受けた衝撃を母国メディアに告白!「適応が難しかった」【2021総集編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ