「まるで別世界にいるよう」神戸FWボージャンが母国紙に語った日本の印象。とくに感銘を受けたのは?「お気に入りになった」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年02月19日

日本の文化は「何もかもが違う」

名古屋との第1節では途中出場となったボージャン。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ヴィッセル神戸に所属するボージャン・クルキッチが、2月19日に掲載された母国スペインの全国紙『AS』のインタビューで、日本の印象について明かしている。

「あなたはスペイン、イタリア、オランダ、イギリス、ドイツ、カナダを渡り歩いてきました。日本はそうした国と全く違うのですか?」と質問を受けたボージャンは、「そうだね、何もかもが違う」と答えている。

「まるで別世界だ。文化、サッカー、メンタリティ…別の世界にいるようなものだ。僕が到着して以来、コロナのために閉鎖的になっているので、さらに異質に見えるのかもしれない」

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
 31歳のアタッカーは、さらに次のように続けている。

「文化に関心があったので、行きたい場所だった。日本について知識はあったけど、もっと知りたいと思った。ここで知り合った人々や美味しい料理などのおかげで、日本はお気に入りの文化のひとつとなった。プレーしていなくても、間違いなく訪日していたと思う。ヴィッセル神戸がチャンスをくれて、本当に嬉しい」

 とくに感銘を受けたのは食事のようだ。「美食は日本の特徴的なものだ。ここに来てまだ長くないけど、食事を非常に重視している。いろいろ違うところを発見したけど、間違いないのは料理が豪華だったことは」と話している。

 ただ、言葉には苦戦を強いられているという。「文化、伝統、料理には興味があるけど、言語は…複雑すぎて、いまは勉強していない。基本的な言葉は知っているけど、それ以外はほとんどわからない」と本音を明かしている。

 自身のインスタグラムなどで、日本の観光地を訪れた様子をアップするなど、日本での生活を満喫している様子のボージャン。2年目の活躍に期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】七五三の女の子とのツーショットも! ボージャンが関西有数のパワースポット生田神社でオフを満喫

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 
【関連記事】
「衝撃だった」神戸FWボージャンは日本に来て何に驚いたのか?「海外の選手も…」
「日本の別のクラブから接触があった」神戸FWボージャンはなぜオファーを断ったのか
「信じられないような若手がいた」前横浜ヘッドコーチがJリーグで受けた衝撃を告白!「ぎりぎりで残留したチームに…」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「日本ではブラジルよりもはるかに…」神戸FWリンコンがJリーグで受けた衝撃を母国メディアに告白!「適応が難しかった」【2021総集編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト W杯総決算!
    12月22日発売
    完全保存版
    カタール・ワールドカップ
    大会総集編
    熱狂の宴を全網羅!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ