【ちばぎんカップ】“新エース”ドウグラスが決勝弾!!千葉は終盤のチャンスを生かせず…柏が1-0で勝利

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2022年02月11日

柏は前半のワンチャンスを生かす

決勝弾を決めた柏のドウグラス。GKとの1対1を冷静に制した。写真:田中研治

画像を見る

 2月11日、フクダ電子アリーナで、J2のジェフユナイテッド千葉とJ1の柏レイソルが対戦する、26回目となるちばぎんカップが開催された。

 千葉県のライバルチームがリーグ開幕を前に相対する恒例の一戦は、今年は千葉のホームスタジアムであるフクアリが会場となった。

 ユン・ジョンファン体制3年目で悲願のJ1復帰を目指す千葉は3-4-2-1。GKは新井章太、3バックは右から新井一耀、チャン・ミンギュ、鈴木大輔、ボランチは田口泰士、小林祐介、ウイングバックは右に福満隆貴、左に秋山陽介、シャドーに風間宏矢、見木友哉、CFに櫻川ソロモンが入った。

 一方、ネルシーニョ監督が率いる柏は守備時は5-4-1、攻撃時は4-4-2になるような流動的な形。GKは佐々木雅士が務め、守備時は最終ラインは右から中村慶太、大南拓磨、エメルソン・サントス、古賀太陽、三丸拡、ボランチに椎橋慧也、戸嶋祥郎、2列目にマテウス・サヴィオ、ドウグラス、CFに細谷真大が並んだ。

 序盤は最終ラインからのビルドアップでチャンスを作ろうとする千葉に対し、柏は球際の激しい守備でボールを回収し素早い攻撃につなげようと試みる。

 千葉がボールを持つ展開で推移したが、先制点を奪ったのは柏だった。後方からのボールに反応したドウグラスがエリア右に抜け出すと、GKとの1対1を冷静に制してネットを揺らした。

 ワンチャンスをモノにした柏に対し、千葉はセットプレーから田口のプレースキックを生かそうとしたが、ゴールにはつなげられず、柏の1点リードで前半を折り返した。
 
 後半もゴールを目指す千葉に対し、柏はドウグラスらを生かしてカウンターを狙う。それでもスコアは動かずに1-0のままゲームは進む。

 終盤に千葉はサウダーニャ、新戦力の高木俊幸らを投入して反撃を試みるも奏功せず。後半アディショナルタイムには末吉塁の左からのクロスを逆サイドで高木がヘッド。ポストに弾かれたボールを再び高木が足で狙うも再びポストに当たり同点には追いつけない。

 そして1-0のまま試合は終了。シーズン開幕に向けて勝利を挙げたのは柏だった。なお大会MIPには千葉の風間、大会MVPには柏の細谷が選ばれた。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【ちばぎんカップPHOTO】千葉0-1柏|2年ぶりの伝統の一戦はドウグラスの得点を守りきった柏の勝利!!
【関連記事】
【柏レイソルの予想布陣】切り札ドウグラスに“三拍子揃った”アタッカー2名を補強! 前線の核を入れ替えチーム再編へ
【横浜F・マリノスの予想布陣】左ウイングの先発争いは混沌。左SBのみゼロからの争いに
「ハタテの価値はすでに3倍になった」元英代表の名手が旗手怜央の無双ぶりに驚嘆!「絶対的な掘り出し物だ」
【千葉】新体制&背番号を発表。新戦力の風間宏矢は「8番」、ダニエル・アウベスは「33番」、「10番」は見木友哉が継承
「高校生で久しぶりにFWらしいFWを見た」中村憲剛が称賛した“怪物ストライカー”は? 「注目してほしいのは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ