森保監督も最大限のアラートを発信!? 勝てばW杯出場が決まるサウジ相手に中国戦のようなパフォーマンスでは厳しい

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2022年01月29日

【識者コラム】相手を見て戦う余裕があった中国戦。しかし個々の質が…

先制のPKを決めた大迫だが、その後は決定機を逃した。写真:JMPA代表撮影

画像を見る

 強くなる、強くなると言われても、なかなか強くならない中国サッカー。むしろ弱くなった感じさえする。カタール・ワールドカップ・アジア最終予選、ホームで行なわれた中国戦は2-0で日本が勝利した。

【PHOTO】W杯アジア最終予選の中国&サウジ戦に臨む日本代表招集メンバー23名!
 日本のスタメンは予想通り。システムも4-3-3。怪我や出場停止を除けば、今回も不動のメンバーを送り出した。代わり映えはしないが、同じメンバーだけに、相手を見て戦う余裕はあったのではないか。

 中国は4-4-2を敷くが、個々が相手に釣られてスペースを空けがち。DFもその傾向が強く、左センターバック(CB)の20番チュー・チェンチエは、すき間に立ち位置を取ろうとする大迫勇也を激しく迎撃し、ファウルを取られる場面もあった。日本はアジアの対戦国から、「球際のバトルを嫌がる」と認識されている。おそらく中国も立ち上がりから激しい当たりをぶちかまし、日本の嫌がる展開に持ち込もうとしたのではないか。

 しかし、酒井宏樹と伊東純也の右サイドコンビは、相手を冷静に見ていた。

 開始5分、スローインの場面。伊東が相手サイドバック(SB)の2番チュン・チュンの裏へ飛び出すと、酒井は素早くボールをスペースへ投げた。左センターバックの20番チュー・チェンチエは、大迫のマークに出てスペースを空けており、カバーが利かない。飛び出した伊東はフリーで、ゴール脇からシュートを見舞った。

 このスペース、中国の左SBと左CBの間は、日本の攻撃ターゲットになった。そして前半11分、日本はこのエリアから先制点を得ることになる。

 中盤で守田英正、遠藤航を経由したボールを酒井へ。左SBチュン・チュンが出てきた、その裏のスペースへ、再び伊東が飛び出す。中国は深い位置の守備なのでSHの8番ハオ・ジュンミンも帰陣していたが、サイドハーフとSBが2人ともに酒井へ寄せてしまい、その裏がすっかり空いていた。

 ボランチの4番ワン・シェンチャオが遅れてカバーに走るが間に合わず、スライディングで飛び込むと、伊東のクロスが腕に当たり、日本がPKを得る。これを大迫が決めて、1-0。試合の緊張感は無くなり、安心感が漂った。
 
【関連記事】
「中国に屈辱をプレゼント…」「凄まじい上昇ムードだ」韓国メディアが森保Jを激賞! 一方で長友の評価にも言及
「審判の悪意のある誤解だ」日本にPKを与えた判定を中国メディアが辛辣批判!「完全にペナルティではない」
「左サイドが全く機能してない」元日本代表FW城彰二が中国戦をバッサリ!「コンディションが良くない」と懸念した選手とは?
「今後30年は日本に負け続ける!」中国スポーツ界の大物が日本に完敗の母国代表チームをバッサリ!
【セルジオ越後】大迫、南野は期待外れ、前田も追い回しは良かったが…伊東以外のアタッカーにワクワク感がない

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ