「中国に屈辱をプレゼント…」「凄まじい上昇ムードだ」韓国メディアが森保Jを激賞! 一方で長友の評価にも言及

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2022年01月29日

「第4戦でオーストラリアを下して以降、雰囲気が変わった」

自身のゴールを含む2得点に絡んだ伊東。中国戦の勝利に大きく貢献した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本代表がホームで中国代表に勝利したニュースは韓国でも報じられている。

 埼玉スタジアムで行なわれたカタール・ワールドカップのアジア最終予選。日本は前半にFW大迫勇也のPKで先制すると、後半にMF伊東純也のヘディングシュートで追加点を挙げ、2-0の勝利を収めた。

 試合後には、「“2点差完勝”日本、中国に枠内シュート0本の屈辱をプレゼント。カタール行き青信号」(『Goal.com』韓国版)、「日本、ホームで中国に2-0勝利!B組2位維持、カタール行き可能性UP」(経済メディア『MoneyS』)と、韓国でも結果が速報で伝えられた。

【画像】中国戦のフォーメーション表
 なかでも、「日本、“前半シュート0本”中国に2-0完勝・・・最終予選4連勝」と見出しを打ったサッカー専門メディア『FOOTBALLIST』は、中国戦の勝利で最終予選4連勝を飾った日本の戦いぶりを以下のように評価した。

「序盤に比べれば凄まじい上昇ムードだ。日本は第1戦でオマーンに敗れ、第3戦でもサウジアラビアに屈し、大きな危機のなかで最終予選をスタートした。一時は4位まで転落し、予選敗退の可能性が言及されたりもしたが、第4戦でオーストラリアを下して以降、雰囲気が変わった。以降はベトナム、オマーン、中国と4連勝を挙げた」

 一方で、スポーツメディア『MHNスポーツ』は「勝ったものの…日本、中国戦完勝も笑えなかった理由」とし、森保一監督の采配に言及。「予想通り日本が中国を一方的に追い詰めたが、問題が再び露出した」と伝えると、中国戦で先発出場したDF長友佑都を引き合いに出した。

「日本は左サイドバックにベテランの長友を出場させた。長友はベテラン起用を重視する森保一監督の信頼を受けている。しかし、1986年生まれで徐々にパフォーマンスが落ちていく状況で、日本現地メディアや元サッカー選手、解説者など、多くがこの点を批判している。行き過ぎたベテラン好みというわけだ」と伝えた。

 ほかでは、敗れた中国のパフォーマンスを言及するメディアが多く見られた。

「“シュート2本の屈辱”中国、日本に0-2完敗…ワールドカップ出場は事実上霧散」(芸能メディア『スターニュース』)
「中国、日本に息もさせてもらえず0-2敗北…枠内シュート0本」(スポーツ&芸能メディア『OSEN』)
「“少林サッカー、侍サッカーに完敗” 中国、W杯最終予選で日本に0-2」(スポーツ紙『スポーツ朝鮮』)

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本2-0中国|大迫!伊東!中国から2点を奪い、新年初戦を勝利で飾る!
【関連記事】
「今後30年は日本に負け続ける!」中国スポーツ界の大物が日本に完敗の母国代表チームをバッサリ!
【セルジオ越後】大迫、南野は期待外れ、前田も追い回しは良かったが…伊東以外のアタッカーにワクワク感がない
「唸るような立ち位置だった」内田篤人が絶賛した中国戦の“影のMVP”は?「テレビでは扱いにくい動きなんですけど…」
「大学生vs小学生!」「ヘビー級vsライト級!」日本代表との“埋めがたい差”に中国メディアが絶望感
「左サイドが全く機能してない」元日本代表FW城彰二が中国戦をバッサリ!「コンディションが良くない」と懸念した選手とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ