「大学生vs小学生!」「ヘビー級vsライト級!」日本代表との“埋めがたい差”に中国メディアが絶望感

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月28日

対中国戦は24年間で14戦無敗!

力量差を見せつけた日本が、中国を相手に完勝を収めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 森保ジャパンが4連勝を飾り、グループBの2位を堅持した。

 1月27日に行なわれたカタール・ワールドカップ・アジア最終予選、日本代表vs中国代表の一戦はホームチームの勝利に終わった。日本は13分に大迫のPKで幸先良く先制。その後はやや攻めあぐねたが、61分に中山のクロスから伊東がドンピシャヘッドを決めてリードを広げた。
【PHOTO】日本代表戦を彩る美女サポーターたちを一挙紹介!

 堅調なパフォーマンスで3ポイントを手にした日本。かたや中国は、これで2位以内に食い込む可能性が消滅した。かろうじてプレーオフに回る3位の座を狙えるには狙えるが、残り3試合すべてに勝ってオーストラリアに追いついたとしても、現時点で得失点差は15もの差がある。ワールドカップへの道はほぼ閉ざされたと見るほかないだろう。

 そんな日本戦をレポートしたのが、中国ポータルサイト『新浪体育』だ。「ヘビー級vsライト級! 中国代表は格の違いを思い知らされ、完璧に打ちのめされた」と題して、次のように論じている。
 

「まさしく、ボクシングで言うところのヘビー級vsライト級ほどの差があり、小学生が大学生に挑んでいるかのようなゲームだった。数字は雄弁に物語る。ポゼッション率が37%対63%、シュート数が2本対16本、枠内シュートが0本対6本、コーナーキックが1本対11本、パス本数が355本対579本。我々のトップストライカーであるウー・レイがボールタッチしたのはわずか26回で、シュートは1本も撃たせてもらえなかった。勝つ見込みなどまったくなかった。リ・シャオペン監督がいかなるゲームプランを携えて臨んだとしても、どうにもならない巨大なギャップが両チームの間にはあったのだ」

 そして、「2015年の東アジア選手権で引き分けて以降、これで日本には4試合連続で敗れた。4連敗は過去の日本の対戦でも最長タイ(2度目)だ」といったデータを紹介している。日本と中国はこれまで40試合を戦い、日本の17勝8分け15敗。1998年3月のダイナスティカップ以来、およそ24年間、日本は中国に敗れていない(14試合/9勝5分け)。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】大迫だ! 伊東だ! W杯予選・中国戦の2ゴールをプレイバック!

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本2-0中国|大迫!伊東!中国から2点を奪い、2022年初戦を勝利で飾る!
【関連記事】
「今後30年は日本に負け続ける!」中国スポーツ界の大物が日本に完敗の母国代表チームをバッサリ!
「シュート2本とは何事か!」日本に完敗の中国代表を地元メディアが辛辣批評!「あまりにも過酷な現実」
【セルジオ越後】大迫、南野は期待外れ、前田も追い回しは良かったが…伊東以外のアタッカーにワクワク感がない
【日本2-0中国|採点&寸評】リズムをもたらした“川崎カルテット”。伊東純也の勢いも止まらず!!
「ポゼッション率は哀れ」森保Jに圧倒された中国のファンは嘆き止まらず!「全くボールを持てないじゃないか」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ