「本当に恐ろしい」英雄カントナが“金まみれ”のカタールW杯を痛烈批判!「スタジアム建設で数千人もの死者が…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月14日

「カタールにあるには金だけ」

カタールW杯について糾弾したカントナ。(C)Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドなどのクラブで多くの伝説を創った元フランス代表のエリック・カントナがこのたび、ビッグクラブの試合観戦だけでなく、それらの文化や歴史を体験することもできる新たな旅行サービス『Looking FC』を立ち上げた。

 これを受けて、英国の日刊紙『Daily Mail』にその魅力をアピールした「キング」だったが、現役時代から歯に衣着せぬ物言いで物議を醸してきたレジェンドはこれに終わらず、今年開催される「カタール・ワールドカップ」に対して、容赦ない批判を展開した。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 史上初となる中東でのW杯は、その暑さを考慮してこれまでの5、6、7月ではなく、11月21日から12月18日までの期間で開催されるなど、初物尽くしの大会となる。言うまでもなく、各国リーグのシーズン真っ只中ということで、とりわけ欧州のクラブは良い反応を示していないが、カントナが異論を唱えたのは、その点ではなかった。

「正直な話、私は今度のワールドカップにはあまり興味がない。なぜなら、私にとってこれは、本当のワールドカップではないからだ。過去数十年の間、ロシアや中国などの新興国で、ワールドカップ、オリンピックといったイベントが多く開催された。しかし、カタールはサッカーの国ではない」

「私は、サッカーを発展させる可能性のある国、例えば南アフリカや1990年代のアメリカのような国で大会を開催するというアイデアには反対しない。実際、サッカーはアメリカで最も人気がある女子スポーツになったし、また最もプレー人口が多い競技にもなった。また、この国には南米からの移民も多く、今後も発展する大きなポテンシャルを秘めている」

「しかし、カタールにはそのようなものは何もない。それは事実だ。あるのは、金についてのことだけだと思う。彼らは金のことだけを考え、スタジアムの建設などで多くの人々を危険に晒し、数千人もの死者を出した。本当に恐ろしいことだ。にもかかわらず、我々はこの大会を祝おうとしている」
 
【関連記事】
元マンU戦士がカントナの“カンフーキック事件”を回想!「ロッカールームでファーガソンが彼に言ったのは…」
「外すほうが難しい」ガラ空きのゴールに…南野拓実の決定機逸に海外メディア反応「『最悪のミス』とファンを驚かす」
「不可解な判定」久保建英のゴール取り消しに番記者が見解! 復帰戦の評価は?「いつものキレはなかったが…」【現地発】
「クレイジーなダブルスタンダードに激怒」三木谷会長の国内組隔離批判に英紙が反応! 古橋や新戦力の戦線離脱の可能性にも言及
「ニンジャみたいなゴール!」中島翔哉の技ありミドル弾に現地メディア驚嘆!「完全に意表を突いた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ