「もしロナウドだったら…」ラッシュフォードの“怠慢プレー”に批判の声!「絶好機で諦めているように見えた」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月11日

ボールがゴール前にこぼれるも、反応せず

ラッシュフォードの早すぎる見切りが、批判の的となっている。(C)Getty Images

画像を見る

 背番号10の“怠慢プレー”が物議を醸している。

 現地時間1月10日に開催されたFAカップ3回戦で、マンチェスター・ユナイテッドはアストン・ビラと本拠地オールド・トラフォードで対戦。開始8分にスコット・マクトミネイが奪った1点をなんとか守り切り、苦しみながらも4回戦進出を決めた。

 この一戦において、問題視されているのが75分のプレーだ。

 メイソン・グリーンウッドが裏へ抜け出し、右サイドを一気に駆け上がる。それを見たマーカス・ラッシュフォードはチームメイトをサポートするために駆け寄り、ペナルティエリア内でパスを要求。しかし、グリーンウッドはシュートを選択した結果、GKエミリアーノ・マルティネスに弾かれてしまう。

 すると、ここで問題は起こった。ボールはゴール前にこぼれたにもかかわらず、ラッシュフォードは自身へパスをよこさなかったことへのフラストレーションからなのか、完全にスイッチをオフ。詰める素振りを全く見せず、アルゼンチン代表守護神が急いでセカンドボールを回収するのを、ただその場で見送ったのだ。
【動画】ボールがこぼれるも完全にスイッチオフ!ラッシュフォードの怠慢プレー(1分43秒~)
 集中力を切らさずに瞬時に反応していれば、もしかしかたら追加点を奪えたかもしれないだけに、24歳のイングランド代表FWの早すぎる見切りは批判の的に。英紙『Daily Mail』は「後半に試合を終わらせるチャンスを得たとき、ラッシュフォードは絶好のチャンスで諦めているように見えた」と伝えているほか、同紙によればSNS上でも以下のような厳しい声が上がっている。

「ラッシュフォードにはうんざりだ」
「マンチェスター出身でアカデミーを出ていたとしても、そこにいたくないような顔をしている」
「なんでこぼれ球に詰めないんだ。Wake up!!」
「もしロナウドがラッシュフォードと同じ場所にいたら、2-0で勝っていた」
「グリーンウッドとラッシュフォードは自分勝手だ」

 肩の手術を経て10月に戦線復帰するや、4戦3発と気を吐いたが、以降は丸2か月ゴールから遠ざかるラッシュフォード。闘争心に乏しいパフォーマンスに、ファンも大きな不満を抱いているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
韓国代表のレジェンドが語るマラドーナへの“テコンドーサッカー”「同じことをやったらきっと全員退場だ」
なぜ、カズはカズであり続けるのか――鈴鹿移籍の舞台裏と、何も「変わらない」奇跡
「トップ返り咲きへ全力」宿敵OBがセルティックの日本人3人獲りに見解!「フルハシのような期待は酷」とも
「ナカは静か。ミズノは話そうとした」中村俊輔と水野晃樹の元同僚が古巣セルティックの日本人大補強に見解!「ニッポン人は尊敬に値する」
「日本代表にも欲しい」と城彰二&大久保嘉人も絶賛!先制弾の青森山田DF丸山大和が大会4得点の大活躍。夏の総体でも決勝で2発【選手権】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ