「日本代表にも欲しい」と城彰二&大久保嘉人も絶賛!先制弾の青森山田DF丸山大和が大会4得点の大活躍。夏の総体でも決勝で2発【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月10日

決勝では前半37分に先制ヘッドを決める

今大会では通算4ゴールを挙げた青森山田DFの丸山。決勝でも勝負強く先制点を挙げた。写真:徳原隆元

画像を見る

 驚愕の空中戦の強さを見せた青森山田DFに、元日本代表の解説者たちも驚かされたようだ。

 第100回全国高校サッカー選手権大会は1月10日に国立競技場で決勝が行なわれ、青森山田が4-0で大津に勝ち、3大会ぶり3度目の優勝を飾った。
 
 青森山田が押し込みながらも得点を奪い切れない展開。均衡を破ったのは、ここまでDFながら3ゴールを挙げ、攻守両面で青森山田の強さを支えてきたセンターバックの丸山大和(3年)だった。前半37分、左CKから藤森颯太(3年)のクロスを頭で捉え、ヘディングシュートを叩き込んだ。

 丸山の今大会4得点目で先制した3分後には、FW名須川真光(3年)の追加点が生まれ、後半にも2点を追加した青森山田が圧巻の強さで全国制覇を達成した。丸山は夏のインターハイ決勝の米子北戦でも0-1でリードされた土壇場の後半終了間際に同点弾を決め、さらに試合終了目前の延長後半アディショナルタイムに決勝弾を決めるなど驚異的な勝負強さを発揮。今大会でもその実力をまざまざと見せつけた。

 試合後、解説を担当した元日本代表の城彰二氏が「ヘディングは入るタイミングやセンスと言われる部分が大きい。DFだけど点が獲れるというのは日本代表にも欲しいくらい」と絶賛すれば、同じく大久保嘉人氏も「DFで4点取るというのは凄い。そういうDFがいればチームとして心強いので、本当にこれから必要になる(選手)かもしれないですね」と今大会の活躍を称賛した。

 丸山は試合後、「インターハイも決勝で得点を獲れて、選手権でも絶対獲ってやろうという気持ちを持っていた」と今大会もゴールへの強い決意を持っていたことを明かし、「自分のサッカー人生はまだ続くので、この3年間を無駄にしないでプロサッカー選手という目標のために努力していこうと思います」と今後の目標を口にする。

 選手権では攻守ともに抜群の存在感を見せた丸山。果たして今後、どのような選手へと成長していくのか興味は尽きない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】今大会4点目となる青森山田DF丸山大和の先制点!

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新17代目の茅島みずきまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
【関連記事】
選手権の大会優秀選手37人が決定! 3年ぶり優勝の青森山田から松木ら最多7名が選出
選手権得点王は7ゴールの阪南大高FW鈴木章斗!100回大会の得点ランキングを一挙公開!
選手権アシスト王は青森山田の藤森颯太!決勝戦の2本で静岡学園の古川陽介との接戦を制す!
「決勝の主審あの御厨かよ」高校選手権決勝、元Jリーガー審判員にファン反響!「御厨くんを応援」
「世界に誇れるダブルボランチ」青森山田の攻守を力強く支えた松木&宇野のコンビを黒田監督も絶賛

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ