王座奪還へ横浜が新体制発表! パリ五輪世代期待のボランチは「一番嫌だったチームからオファーが来て嬉しかった」

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2022年01月10日

タイ代表ティーラトンの抜けた左SBにはふたりのレフティを獲得

横浜の新戦力メンバー。後列左から吉尾、西村、永戸、オビ・パウエル・オビンナ、前列左から、山根、藤田、小池、西田。写真:徳原隆元

画像を見る

 昨季2位の横浜が2022シーズンの新体制発表会を横浜市内で実施した。

 今オフの補強はJ1で実績ある選手に加え、レンタルバックやユースからの昇格組など多士済々。それぞれがマイクを握って発する言葉からは強い意志と高いモチベーションが垣間見え、3シーズンぶりのリーグタイトル奪還を目指すチームにプラスαをもたらしてくれそうな気配が漂う。
 
 タイ代表のティーラトンを放出して懸念されていた左SBには左利きの永戸勝也と小池裕太を獲得。昨季後半は鹿島で出場機会に恵まれていなかった永戸が「このチームでやってみたいという思いは数年前から持っていたので、あまり悩む時間はなかったというか、楽しみな気持ちで決断した」と話せば、小池は「セレッソ大阪で2年間悔しい思いをしたけど、声をかけてもらって驚いた。 アタッキングフットボールが自分のプレースタイルに合っていると思って加入した」と鼻息を荒くする。前所属チームで不完全燃焼に終わった2選手が繰り広げるデッドヒートは、横浜の左サイドを加速させるだろう。

 中盤の底には、パリ五輪世代の若きボランチ・藤田譲瑠チマが加わった。神戸へ移籍した扇原貴宏の穴を埋め、喜田拓也や渡辺皓太、岩田智輝との激しいポジション争いに臨む。将来的には欧州進出も視野に入れていることを明かした藤田は「(横浜は)去年対戦した中で一番嫌な相手だった。そういうチームからオファーが来てすごく嬉しかった。このチームに来たら自分は成長できると思った」と語り、モチベーションの高さを表現していた。

 野心という観点ならば町田からレンタルバックする吉尾海夏も負けていない。仙台で1年間、町田で2年間を過ごした3年間の武者修行で大きく成長。昨季は10ゴール・10アシストの“ダブル”を達成し、目に見える結果で存在を知らしめた。J2とJ1ではプレースピードや強度など違いは少なからずあるが「去年の結果には満足していない。それ以上の結果を残してマリノスのタイトル獲得に貢献したい。今年も10ゴール・10アシスト取れるように」と横浜でリスタートする。

【新体制会見PHOTO】横浜が新ユニフォーム&入団選手を発表
【関連記事】
「クラシックでかっこいい」横浜の2022年新ユニホームに反響!「GK3rdオレンジ嬉しい!」
横浜F・マリノスが2022年シーズン選手リストを発表! 新加入DF永戸2番、MF藤田16番、扇原が背負った6番は?
中村俊輔の背番号は? 横浜FCが22年シーズンの新体制を発表。新10番は安永玲央、“11”は欠番
「相変わらずスゲー!」中村俊輔、炎の体育会TVで内田篤人考案の“的当て”20枚パーフェクト達成に大反響!「めっちゃくちゃすごい」
【2021-22移籍動向一覧】J1の新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年6月9日号
    5月26日発売
    川崎・鹿島・横浜
    「3強徹底比較」
    J1首位争いを抜け出すのは!?
    森保一×風間八宏対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ