「情けない」尚志の怪物DFチェイス・アンリ、大会無失点での敗退に号泣「決めてほしかった…」【選手権2回戦】

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年12月31日

「怖くはなかった」

PK戦で敗れた瞬間、人目を憚らず涙を流したチェイス・アンリ。写真:田中研治

画像を見る

[高校選手権2回戦]尚志0(PK5‐6)0関東一/12月31日(金)/柏の葉公園総合競技場

 怪物DFの短い冬が終わった。

 12月31日に開催された第100回全国高校サッカー選手権の1回戦で、注目のU₋22代表CBチェイス・アンリを擁する尚志(福島)が、開幕戦で6ゴールを挙げた関東一と対戦。スコアレスで突入したPK戦の末に5‐6で敗れ、2回戦で姿を消すこととなった。

 敗退が決まった瞬間、チェイスはうなだれて涙を流した。この日も空中戦では無双で、風下の後半は一方的に押し込まれる展開となったが、守備では綻びを見せなかった。

 だが、瀬戸内との初戦も無得点だった攻撃陣がこの日も不発。前半終了間際には、自らのシュートブロックの流れから一気に敵陣まで駆け上がってラストパスを送るも、ここも味方が決められなかった。

【高校サッカー選手権PHOTO】応援マネージャーを務める茅島みずきさんが国立に登場!ハーフタイムには華麗なダンスも披露!
 試合後、「負けて悔しい」と切り出したチェイスは、テクニシャン揃いの関東一の攻撃陣について、「怖くはなかった。ドリブルさせても、最後はパスで終わるのでカットできると思った」と相手の印象を語った。

 悔やんだのが、風上でいい流れだった前半にゴールを決めきれなかった点だ。

「(前半に先制できず)後半は相手の流れになってしまった。1年間やってきたが、何も変わってなくて、決めるべきところが決められなかった。情けない」

 前半に自身が攻め上がった場面については、「チャンスだと思って上がった。あそこは決めてほしかった…」と唇を噛んだ。

「この悔しさは、プロになってから返したい」

 2試合で相手に1ゴールも許さなかった大会ナンバーワンDFは、最後は前を向いて大会を去った。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新17代目の茅島みずきまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
 
【関連記事】
帝京長岡が豪快3発で神村学園を撃破! 青森山田、静岡学園、帝京長岡、大津などがベスト16に名乗り!【選手権2回戦】
「うちで一番フィジカルが強い選手が…」怪物CBチェイス・アンリに敵将も脱帽!大会ナンバーワンDFは何が凄いのか? 【選手権】
【選手権】ベスト16の組み合わせが確定! 青森山田vs阪南大高、帝京長岡vs桐光学園、静岡学園vs宮崎日大など好カードが目白押し!
「俺が止めるから下を向くな」大会ナンバーワンGK藤井陽登が衝撃の3連続PKストップ!“失敗”に涙した同部屋の盟友を救う「助かった…」【選手権2回戦】
神村学園の福田師王が衝撃ヘッドなど1G・1Aの活躍! しかし初戦敗退で号泣「まだ決めれる場面があった」【選手権2回戦】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ