「うちで一番フィジカルが強い選手が…」怪物CBチェイス・アンリに敵将も脱帽!大会ナンバーワンDFは何が凄いのか? 【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年12月29日

「やはりトップオブトップの選手だと実感できた」

2年ぶりの選手権で敵将も感嘆するパフォーマンスを披露したチェイス・アンリ(20番)。写真:田中研治

画像を見る

 エアバトルとフィジカルの強さは、まさに高校生離れしていた。

 12月29日に開催された第100回全国高校サッカー選手権の1回戦で、尚志(福島)と瀬戸内(広島)が対戦。3年前にともにベスト4に進んだチーム同士の白熱した好勝負は、スコアレスで突入したPK戦の末に、前者が4‐3で勝利し、2回戦に勝ち上がった。

 この一戦で柏の葉公園総合競技場に訪れた観衆の目をくぎ付けにしたのが、尚志のDFチェイス・アンリ(3年)だ。U-22日本代表にも飛び級で選出されている「大会ナンバーワンCB」は、そのポテンシャルを遺憾なく発揮。空中戦では相手を寄せ付けず、1対1では抜かれそうになりながらも、屈強な身体を利してボールを奪い、技巧派が揃う広島の雄の攻撃を封じ込めた。

【高校サッカー選手権PHOTO】応援マネージャーを務める茅島みずきさんが国立に登場!ハーフタイムには華麗なダンスも披露!
 その規格外のプレーに、瀬戸内の田中健二郎監督も驚かされたようだ。「(凄かったのは)攻撃の部分というよりも、対人的な部分。うちでフィジカル的に一番強い佐野(竜眞)なんかが跳ね返されていましたから」とコメントし、賛辞を贈っている。

「やはりトップオブトップの選手だと実感できた。アンリのプレーひとつで、スタンドの雰囲気ががらりと変わる。そういうタレント性も含めて、いい選手だなと感じました」

 この日は、フィードの精度に波があり、チェイス本人もこの点を反省していた。ただ、フィジカルに頼るだけでなく、努力で課題を克服してきた怪物は、次戦までに修正してくるだろう。2日後の31日に再び柏の葉で行なわれる2回戦で、初戦に6ゴールを奪っている関東一の攻撃陣とどう対峙するのか。目が離せない一戦となりそうだ。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新17代目の茅島みずきまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
 
【関連記事】
PK戦で決した激闘…怪物DFチェイス・アンリが見せた“気遣い”は、迫力満点のヘッド以上に印象的だった【選手権】
「ここで決めないといけない」超高校級DFチェイス・アンリが攻守に圧倒的な存在感!会場をどよめかしたプレーとは?【選手権】
静岡学園が圧巻5発で快勝スタート! 前橋育英、東福岡、大津らも2回戦へ進むなか、流経大柏や西武台が初戦敗退【選手権1回戦】
「とんでもない化け物」内田篤人が17歳の怪物高校生DFを絶賛!「CBで飛び級って凄いんですよ」
【選手権】注目の下級生ベスト11! ブレイク必至の次世代のスターは!? 神村学園の“2年生コンビ”や鹿島学園の俊足MFも!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ