「トミヤスは従来のSBではない」冨安健洋の負傷で専門家が“酷使”を懸念「新しいリーグであることを忘れてはいけない」

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年12月22日

「出場時間が長ければ、疲労は常に問題となる」

リーズ戦でデビュー戦以来の途中交代となった冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 たとえ安定感抜群とはいえ、長いシーズンを戦い抜くうえで疲労の考慮は必要だ。

 アーセナルの冨安健洋は、12月18日のプレミアリーグ前節リーズ戦で後半途中に交代した。試合後、ミケル・アルテタ監督は筋肉系の問題と明かしている。

 冨安は9月11日の第4節ノーリッジ戦でデビューし、62分までプレーした。以降はリーグ戦で13試合連続フル出場。絶対的な右SBのレギュラーとしてチームに貢献してきた。この間、好パフォーマンスを続けてきた冨安の評価は右肩上がりだ。

 だが、リーズ戦での途中交代で、冨安の負担を忘れてはいけないとの声も寄せられた。『Premier Injuries』を運営する医療とデータ分析の専門家ベン・ディナリーは、『Football Insider』で「出場時間が長ければ、疲労は常に問題となる」と話した。

「彼にとって新しいリーグであることを忘れてはいけない。まだこのレベル、この速さでプレーする厳しさに適応しているところだ。インテンシティあるスプリントを求められ、1対1のデュエルの回数など、プレミアリーグは他の多くのリーグと異なる」

【動画】「えぐい」「怪物だ」冨安健洋の決定機阻止→フィジカル強すぎのキープ→裏街道ドリブル突破
 ディナリーは「彼は従来のサイドバックというより、動き回るウイングバックであり、かなりの距離をカバーしている」と、日本代表DFにかかる負担は大きいとの見解を示している。

「(前節の交代が)予防的措置で、深刻な損傷となる前だったことを願う」

 プレミアリーグの試合だけではない。冨安には環境の変化を含めて様々な負担がかかってきた。

 イタリアに移籍して1年目は、新型コロナウイルスによるリーグ中断という未曾有の事態に直面した。翌シーズンも不動のレギュラーとしてセリエAの31試合に出場し、閉幕後に東京五輪に参戦。わずかな休息を経てイタリアに戻り、移籍市場最終日にアーセナルに移籍した。そして今シーズンのリーグ中断期間も、日本代表の一員として大事なワールドカップ予選を戦っている。

 11月に23歳になったばかりで、プロ意識の高さも知られるとはいえ、負担を軽視できないのも確かだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】冨安がゴッドフリーに顔を踏みつけられた決定的瞬間! 現地でも物議を呼んでいるシーン

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「大きな声で謝れ!」冨安健洋の活躍でアーセナルのレジェンドOBが英記者に謝罪要求! 加入時の発言に「敬意を欠いていた」
「更衣室の去り方に憤慨」久保が2アシストも…マジョルカが敵地でロッカールームを散らかし放題! 怒りの投稿が反響「食べ物やマスクの残骸が…」
「リバプールかシティが最適」元チェルシーFWが古橋亨梧のプレミア移籍に太鼓判!「リーグで断トツ。ファン・ダイクのように…」
「日本じゃ考えられない」三笘薫がまさかの左SB起用で衝撃の活躍!1ゴール&同点弾演出の突破に反響「ヤバさを物語ってる」
「トミヤスはとても上手くやった」辛口のネビルが絶賛した冨安健洋のプレーは?「本当に素晴らしい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ