J2降格の大分は、なぜ絶対王者川崎を倒せたのか?片野坂監督が語った狙いとは…【天皇杯準決勝】

カテゴリ:Jリーグ

渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年12月12日

「最後まであきらめずに最大値を出してやることが、トリニータの使命」

今季無敗の等々力で川崎を下した大分が、12月19日の決勝に駒を進めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 大分トリニータは12月12日、天皇杯準決勝で川崎フロンターレと対戦し、PK戦の末に勝利を収め、クラブ初となる決勝進出を果たした。

 試合は、相手に主導権を握られる展開で推移した。GK高木駿を中心とした粘り強い守備で凌ぎ、延長戦に突入。113分に小林悠に先制弾を決められるも、120+1分にパワープレーで前線に上がったDFエンリケ・トレヴィザンがヘディングで劇的な同点弾を決め、1-1でPK戦へ。7本目まで続いた熱戦で、最後はGK高木が山根視来のシュートを止め、PK戦5-4で大分が勝利を収めた。

 今季限りでの退任が発表されている大分の片野坂知宏監督は、「正直試合が終わったいまも、勝ち上がった実感がない。夢のようなというか、信じられない結果になったなと感じています」と感無量の様子だ。

 この試合で大分はボールポゼッションが35パーセントで被シュート数は28本。記録上も厳しい戦いだったことが分かる。さらに今夏チームに加わった呉屋大翔、増山朝陽、野嶽惇也、梅崎司らがレギュレーションの関係で出場できなかった。

 そんな理由もあってか、大分はこれまでの3‐4‐3をベースとした布陣を変更し、この日は中盤をダイヤモンド型にした4-4-2を採用した。

「川崎はボールの動かしとか攻撃力もあるチーム。個の打開、コンビネーション、点を取れる選手も沢山いる。とにかくできるだけゴールから遠ざけたい。守備もある程度制限できるような戦いをしないと我々がサンドバック状態になる」と考え、「できるだけ真ん中を使われず、サイドのところで強く出るような守備を狙っていた」という。

 それでも王者川崎の強さは際立ち、「スコアだけみれば1-1。なんとか最後にパワープレーで1点とってPKに持ち込んで決勝進出。勝ち上がることはできたのですが、内容的には川崎さんのうまさがあって、危ない場面も沢山ありました」と振り返った。
 
 窮地を度々救ったのはGK高木のビッグセーブと、最後の最後でゴールをもたらしたエンリケの勝負強さだ。

 一発勝負での選手たちの高パフォーマンスの要因は、降格が決まった後のリーグ戦での振る舞いにあったという。

「36節・鹿島戦で降格が決まっても、残り2試合は凄く大事だと思っていました。選手たちも悔しい思いはあるけど、最後までサポーターに戦う姿勢を見せないといけないし、そんななかでも応援に来てくれる人たちが沢山いらっしゃるので、そういう方々に最後まであきらめずに最大値を出してやることが、トリニータの使命だということを選手たちに話しました」

 そんな気持ちが選手たちにも伝わり、リーグ戦では37節の横浜FC戦(2-0)、最終節の柏レイソル戦(3-2)と連勝。「その勢いが今日の試合でも出たと思う」と語った。

 チームのJ2降格と、指揮官の退任が決まっている難しい状況のなか、片野坂監督の大分は、12月19日に行なわれる決勝でどんなフィナーレを迎えるのか。

取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】“カタノサッカー”を手拍子で後押し!等々力に集結した大分トリニータサポーター!

【PHOTO】等々力陸上競技場に駆けつけた川崎フロンターレサポーター!

【天皇杯準決勝PHOTO】川崎1(4PK5)1大分|高木が好セーブ連発!PK戦の末、勝利した大分は初の決勝進出!
【関連記事】
「感動してる」「高木がMVPだわ」激闘の末にJ1王者を撃破! 初の天皇杯決勝進出の大分をファンも称える
浦和が3年ぶりの天皇杯決勝へ! 今季限りで退団の宇賀神友弥が決勝弾、C大阪・大久保嘉人は現役最後の試合に
「何がしたいんだ」清水のあまりに“痛い”珍プレーが世界中でバズる!スペイン全国紙も「史上最悪の戦略?」と報道【2021総集編】
「一番上手かったのは監督のジーコ」久保竜彦が選ぶ"日本代表・歴代最強ベスト11”が楽しい!【2021総集編】
「#サウジアラビアのファンは日本に謝罪します」吉田麻也が激怒した“差別的行為”に敵国でハッシュタグ運動が拡大!【2021総集編】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ