【徳島│メモリアルフォトギャラリー付】「調子乗り世代」の門番、青山隼が異例となるシーズン中に現役引退を発表

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年07月14日

理想のプレーできず「葛藤」の末に決断! 8月8日の28節、徳島-水戸戦で引退セレモニー。

07年、カナダU-20ワールドカップのグループリーグ初戦・スコットランド戦で、貴重な3点目を奪取(日本が3-1で勝利)。この一撃で、チームは勢いに乗った。写真:サッカーダイジェスト写真部

画像を見る

カナダU-20ワールドカップに臨んだ「調子乗り世代」のメンバー。青山(上段左から二人目)をはじめ、槙野智章(同、中央)、内田篤人(同、右から二人目)、梅崎司(下段、左)、柏木陽介(下段、中央)ら個性派が揃う。写真:サッカーダイジェスト写真部

画像を見る

 徳島は7月14日、DF青山隼が現役引退すると発表した。本人の申し出をクラブが承諾し、双方合意のうえで契約を解除した。シーズン途中での異例となる“決断”となった。
 
 本人は徳島の公式HPに長めのコメントを発表。そのなかで、
 
「9年半の間、名古屋、C大阪、徳島、そして浦和という4つのクラブでユニホームを着ることができた経験と、多くの人との出会いは僕の財産となりました。
 
 僕のサッカー選手としてのキャリアは徳島ヴォルティスというクラブの発展とともにあったという想いが強いです」と語り、2013年に国立競技場で成し遂げたJ1昇格について、「あの日は生涯忘れることのない1日です」と振り返っている。
 
 一方、引退の理由について、「J1での戦いは1シーズン限りになってしまい、もう一度チャレンジしようとスタートしたが、自分自身が思い描いたプレーとのギャップに気付き、その気持ちが全力で臨もうとする自分との葛藤を生んでいた。

 その葛藤に勝てないのであれば、これ以上はピッチに立つわけにはいかないと思い、プロとしてのキャリアを今日終えることを決断しました」と胸中を明かしている。
 
 8月8日の28節、徳島-水戸戦(鳴門大塚/19時開始)で、「一番長くユニホームを着た、ここ徳島の皆様の前で」引退セレモニーが行なわれる予定だ。
 
 

21歳に徳島へ移籍。本人はターニングポイントに挙げている。写真:サッカーダイジェスト写真部

画像を見る

11年には浦和でプレー。低迷するチームのなかで苦心しながらも、持ち前の力強い守備を見せた。写真:サッカーダイジェスト写真部

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ