【徳島】千代反田充が現役引退を表明… 古巣・名古屋のスクールコーチに就任

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年02月03日

「僕には十分すぎる現役生活を送らせてもらった」

強さ、高さに加え、千代反田は鋭い読みと的確なポジショニングで敵の攻撃を封じる頭脳派CBでもあった。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 徳島は2月3日、2013年から14年まで2シーズンにわたり所属したDF千代反田充が、現役を引退することを発表した。通算成績は、J1で173試合・6得点、J2で118試合・14得点だった。
 
 千代反田は、東福岡高を卒業後、筑波大へと進み、地元の福岡でプロとしてのスタートを切った。福岡で4シーズンにわたりプレーしたのち、新潟へ移籍。ここでJ1屈指の高さと強さを兼ね備えたDFとしての評価を一気に高め、翌シーズンには名古屋へ移籍してチームのリーグ初優勝に貢献している。
 
 12年に磐田で1シーズンを過ごし、翌年移籍した徳島ではJ1昇格プレーオフ決勝・京都戦で弾丸ヘッドを叩き込み、チームを初のJ1昇格に導いた。
 
 千代反田は、クラブを通じて次のようなコメントを発表している。

13年昇格プレーオフの京都戦では弾丸ヘッドを決め、徳島を初のJ1昇格に導いた。サポーターにとっても忘れられない選手のひとりだろう。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

「12年間の選手生活で、たくさんの幸せを皆様から頂きました。勝利を共有できる喜び、悔しくてたまらない思い、心の底から来る感動。これも多くの関係者の方々のお力添え、そしてサポーターの皆様が作ってくれるスタジアムの雰囲気なくしては感じることのできなかったものだと思います。
 辞めると決めてからの日々、寂しい気持ちが続きましたが、僕には十分過ぎる現役生活を送らせて頂きました。本当にありがとうございました。また、これまで支えてくれた家族や両親、僕に関わってくださった皆様には心より感謝致します」
 
 今後は、古巣の名古屋でスクールコーチを務めることが決まっている。
【関連記事】
【徳島】鳥取で引退の倉貫一毅氏が徳島のスタッフ入り
【徳島】J1復帰への「挑戦」がスタート
【愛媛】“愛媛史上最高成績”を目指す木山新体制がスタート!
【C大阪】「ゴールにこだわってプレーする」気持ち新たにフォルランがついに合流!
【J1・J2プレシーズン情報】リーグ開幕までのトレーニングマッチ、PSM日程を総まとめ[2/25更新]

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ