異論は認めず!“my”ベスト11|日本人最高峰の名手がイニエスタと中盤で組むとどうなるか【記者の視点】

カテゴリ:Jリーグ

唐沢裕亮

2021年12月09日

ド根性タイプの山根はつい応援したくなる

唐沢記者選定の「myベストイレブン」。

画像を見る

 先日のJリーグアウォーズで発表された今季のベストイレブン。それとは一線を画すような11人を選ぶとするなら、どんな顔ぶれになるか。活躍度は込みだとして、印象的なプレー、人柄、将来性、単純な好み……選定基準はなんでもアリ。東京新聞の唐沢裕亮記者に、独自の視点で今季の「myベストイレブン」を選定してもらった。異論は、認めない。

――◆――◆――
 
GK 朴 一圭(鳥栖)
足もとでしっかりつなげるだけでなく、飛び出す判断の正確性も光る。下部リーグからはい上がった苦労人だけに丁寧な取材対応にも好感が持てる。

DF ジェジエウ(川崎)
速くて強い。そしてセットプレーでは攻守で頼りになる。守備でスタジアムが沸く数少ないCB。日本でプレーしているのが不思議なくらい。

DF チアゴ・マルチンス(横浜)
ジェジエウ同様、上背があるのに速く、J最強の2CBを組ませたい。独特なハスキーボイスも耳に心地いい。

DF 山根視来(川崎)
プレーは華麗だが、「多少の怪我なら試合に出る」というド根性タイプ。たたき上げらしい姿勢はつい応援したくなる。

DF バングーナガンデ佳史扶(FC東京)
将来性で選出。いつもにこやかで、ほんわかした雰囲気を醸し出す左利きの左SBは今季、課題のクロスが急成長。期待の矢先の負傷で長期離脱中だが、来季以降の飛躍に期待。

MF 田中 聡(湘南)
湘南でも目を引く球際の強さに加え、キリッとしたマスクでスター性もある。足もとの技術が高く、小気味良いターンで相手の寄せをいなす身のこなしも見事な19歳。

MF アンドレス・イニエスタ(神戸)
超絶技巧でスペースと時間を支配する。外せない。

MF 大島僚太(川崎)
日本人最高峰の名手がイニエスタと中盤で組むとどうなるか。単純に見てみたい。

FW 坂元達裕(C大阪)
左利きの技巧派で、見ているだけでワクワクする。鋭い切り返しなど足技の「芸術点」の高さはJ1屈指。

FW 大久保嘉人(C大阪)
昨季、J2東京Vで熱血指導した藤田譲瑠チマ(現・徳島)が今季J1で開花。記憶にも記録にも残る男は、育成力も併せ持つ。

FW サウロ・ミネイロ(横浜FC)
9月の横浜とのダービーで放った強烈シュートが忘れられない。右サイドの角度のない位置から左ポストに当てた一撃は、ゴールにはならなかったが、衝撃度は世界クラスだった。

取材・文●唐沢裕亮(東京新聞)

【JリーグアウォーズPHOTO】川崎から7選手が受賞!2021シーズンのJリーグを盛り上げたベストイレブン!

【JリーグアウォーズPHOTO】ステージMCに大抜擢!式典に華を添えた日向坂46・影山優佳を特集!
【関連記事】
まさかの大誤審にC・ロナウドが腕章を叩きつけてプッツン!主審はミスを認める「恥ずかしい」【2021総集編】
「絶対に信じられない」「狂気の沙汰だ」久保建英のジャマイカ戦圧巻ゴールに、海外メディア驚嘆!【2021総集編】
異論は認めず!“my”ベスト11|美しく、正確で、意外性に富んだGX10の魔法の左足。まだJで見たい【記者の視点】
異論は認めず!“my”ベスト11|クォン・スンテのプロフェッショナル精神は後世に伝えたい【記者の視点】
視聴率8.9%、韓国メディア各社が報じた“横浜惨事”――スコアだけでなく「マナーでも負けた」屈辱的な敗戦【2021総集編】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ