「もう終わった選手って気付いてないの?」城彰二がプライドを捨てさせた“妻の強烈な言葉”を回想!「怒りを通り越して…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月08日

「なんて恥ずかしいことをしていたんだろう」

城氏がなかなかプライドを捨てられなかった横浜FC時代を回顧した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 元日本代表FWの城彰二氏が12月7日、自身のYouTubeチャンネル『JOチャンネル』を更新。横浜FC時代に、妻から言われた痛烈な一言について回顧した。

 これまでの回で城氏は、2002年シーズン終了後にヴィッセル神戸から戦力外通告を受けた後、中国のクラブからしかオファーが届かずに引退を考えていたところ、ジェフユナイテッド市原時代のチームメイトでもあったピエール・リトバルスキー監督から「本気でやるんだったら受け入れる」と声を掛けられ、当時J2の横浜FCに加入したことを明かしていた。

 ただ、1998年のワールドカップに主力として出場し、スペインでもプレーしたストライカーは、「俺はこんなところでやる選手じゃない」とプライドが捨てきれなかった。当時の横浜FCにはホペイロもおらず、道具や水などを選手たちが運ばれなければならなかったが、加入1年目は「1回もやらなかった」という。

【動画】アトランタ五輪での中田英寿と西野朗監督の衝突について語る城彰二
 そんなプライドを捨てる一言を浴びせたのが、妻の育代さんだった。横浜FCで3シーズンを過ごし、それでもJ1クラブからのオファーがないにもかかわらず、「俺はまだ(J1で)やれる」と思っていた城氏に、「あなたのそういう考え方じゃ、上手く行くわけ訳ないよ」と指摘されたのだ。

「サッカーのことはほとんど知らない。J2に落ちたのも、どういうことかわかってなかった」妻からの強烈な一言にカチンときて、「お前にサッカーなんてわからないだろ」と声を荒げると、こんな言葉が返ってきたという。

「あなたは終わってる選手だよ。ダメな選手って気付いてないの? あなたは日本代表で、ワールドカップに出て、みんながチヤホヤしてくれていると思っている。でも、いまはJ2の下のほうのクラブの選手。世間の人は完全に終わった人間だと思って見てるよ」

「怒りを通り越して、『まじか』と思った」城氏は、街では「頑張って」と声を掛けられるものの、終わったと見られているんだな、と初めて気づかされたという。

「なんて恥ずかしいことをしていたんだろう」と猛省した城氏は、そこから態度を改め、練習にチームメイトより早く行き、道具や水を率先して運ぶようにした。それを継続していると、次第に周囲の見方も変わり、「城がやるなら、俺もやろう」という雰囲気になっていき、チームも上手く回り出したという。

 そうやって臨んだ2006年シーズン、キャプテンを務めた城氏は12ゴールを挙げる活躍でクラブを初のJ1昇格に導く。そして、そのシーズン限りで、ユニホームを脱いだのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「俺は許せない!」柳沢敦と小畑由香里さんの結婚について語る城彰二

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!
【関連記事】
「見た瞬間、すごい選手になると…」高3の城彰二が衝撃を受けた、超高校級の“怪物1年生”とは?「速くて、シュートが抜群に上手かった」
「あの人はやばかった」「センスの塊」城彰二がマリノス移籍時に驚かされた“天才MF”は? 中村俊輔ではなく…
「お前はキャプテンを降りろ」城彰二がリトバルスキーによる“主将剥奪”の真相を激白!
「完全にマリノスに裏切られたと…」城彰二が失意のバジャドリー退団の真相を告白!「ふざけんなって感じだった」
「ヒデとはやりたくない」元日本代表の城彰二が中田英寿との“口論”を回顧!「おい城、追いつけよと怒られて…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ