「なんという瞬間…」新潟FW田中達也を“試合中”の花道で送り出すシーンにファン感動!「本当に素晴らしい光景」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月05日

「これぞスポーツマンシップ」

現役最後の試合に先発した田中。32分にピッチを後にする際、両チームの選手やスタッフによる花道で送り出された。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 それは“試合中”の出来事だった。

 12月5日のJ2リーグ最終節で、アルビレックス新潟はホームでFC町田ゼルビアと対戦。この試合に、先日、今季限りでの現役引退を発表した田中達也が先発。そして32分、途中交代する。

 田中がピッチを後にしようとすると、新潟の選手だけでなく、対戦相手の町田の選手たちやスタッフも加わり、花道を作る。この光景をクラブの公式ツイッターが公開し、感謝の意を伝えた。

「現役最後の試合に先発出場した田中達也選手。前半32分の交代の場面ではFC町田ゼルビアの選手やスタッフの温かいご協力をいただきながら、花道で田中選手を送り出しました。関係者の皆様に感謝申し上げます」
【動画】「ジーンとしたなぁー」現役ラストマッチを終えた田中達也を“試合中”の花道で送り出す
 この投稿にフォロワーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「何回観ても感動」
「試合途中での花道は初では?」
「これぞスポーツマンシップ」
「感動的だったし自然に涙が出た」
「皆んなスタンディングオベーション」
「なんという瞬間…」
「ジーンとしたなぁー」
「本当に素晴らしい光景」
「サッカーファミリーは温かい」
「これは感無量…」
「最近のJリーグが素晴らしすぎる」
「全俺が泣いた」

 田中達也というフットボーラーが多くの人たちに愛されていたことを証明する、心温まるワンシーンだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「なにこれ感動」村上主審、最後のイエローカードは槙野智章に。「Jリーグが誇っていい光景」
「写真カッコよすぎ」久保建英の股抜き弾に冷静な世界最高峰GKが怒り!両雄のコントラストを収めた一枚に絶賛の声「悔しがり方が全てを物語ってます」
「嗚咽が出るくらい泣いた」愛娘から表彰状。鳥栖MF高橋義希の引退セレモニーにファン号泣「涙腺崩壊するわ」
「アジアの未来が友情を示した」決勝弾の久保建英とイ・ガンインの“浴室2ショット”に韓国注目!「笑顔とがっちりした腹筋」
21年間のプロ生活に幕! 新潟FW田中達也が現役引退を発表。「夢のような素晴らしい時間を過ごせた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ