「クレイジーだ」マンU主将の冨安健洋への行為をアーセナル伝説OBが糾弾!「経験のある選手がすることか」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月04日

「これはPKだ」と憤慨

冨安がマグワイア(右)に倒された場面が物議を醸している。(C)Getty Images

画像を見る

 ガナーズのレジェンドも納得がいかないようだ。

 冨安健洋が所属するアーセナルは12月2日に開催されたプレミアリーグ第14節で、マンチェスター・ユナイテッドとのアウェーゲームに臨み、2-3で敗れた。

 14分に先制したものの、前半終了間際に追いつかれると、52分にクリスチアーノ・ロナウドの一撃で逆転ゴールを献上。一度は追いついたものの、最後はCR7のPKに沈んでいる。

 物議を醸しているのは、前半アディショナルタイムのシーンだ。アーセナルのセットプレーで、いい動き出しをした冨安が、ユナイテッドの主将ハリー・マグワイアに腕を引っ張られ、エリア内で倒されたのだ。だが、ファウルは取られず、VARがジャッジを覆すこともなく、PKにはならなかった。

【画像】PKなしの判定に物議! 冨安がマグワイアに倒された問題のシーン
 この判定には、現地メディアから「明白なファウル」(『GIVEMESPORT』)と指摘があるなか、アーセナルのOBの元イングランド代表FWイアン・ライトも次のように糾弾している。『HITC』が伝えた。

「マグワイアはトミヤスを引っ張り倒した。これはPKだ。経験がある選手が、こんなことするなんてクレイジーだ」

 アーセナルサイドとしては、不満の残る判定になったのは間違いないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「これ凄すぎ」「まじで素晴らしい」称賛を浴びている冨安のパスカットシーン

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「頭良すぎる」英代表の超逸材が披露した“トミヤス対策”が反響!「突破させなかった冨安よりすごい」
「マッチアップ激アツ」冨安健洋とC・ロナウドの1対1シーンが反響!「ほぼ完璧に止めてた」
「誰が見てもオフサイドだ」古橋亨梧の決勝ゴールに敵将がブチギレ!「ひどい判定で負けた」
「それが1か月でできるのは凄い」三笘薫が明かした事実に内田篤人が驚き!「思っていたより男なんだね、もっと…」
「僕はファンから愛されてないと思う」フランクフルト鎌田大地が現地紙のインタビューに赤裸々告白!「移籍せずに残ってよかった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ