【J1残留争い】生き残ったのは清水と湘南。徳島はホームで広島に敗れ、J2降格が決定

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月04日

清水はC大阪に勝利

前節は徳島との“直接対決”で敗れた湘南だが、最終節はG大阪とドロー決着。勝点1を積み上げ、残留を決めた。写真:滝川敏之

画像を見る

 今季はJ1の下位4チームがJ2に降格するレギュレーション。12月4日の最終節を前に、下位3チームは、大分トリニータ、ベガルタ仙台、横浜FCですでに決定している。

 残る1枠はどのチームになるのか。残留が未確定なのは、勝点39で15位の清水エスパルス、同36で16位の湘南ベルマーレ、同36で17位の徳島ヴォルティス。熾烈なサバイバルは今季ラストマッチにもつれ込んだ。
 
 清水はホームでセレッソ大阪と、湘南はアウェーでガンバ大阪と、徳島はホームでサンフレッチェ広島とそれぞれ対戦した。

 結果は、清水は2-1で勝利、湘南は0-0の引き分け、徳島は2-4で敗戦。最終的な3チームの順位(勝点)は、14位清水(42)、16位湘南(37)、17位徳島(36)となり、清水と湘南が残留し、徳島のJ2降格が決まった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「クレイジーだ」マンU主将の冨安健洋への行為をアーセナル伝説OBが糾弾!「経験のある選手がすることか」
「髪の毛の寄付です」川澄奈穂美がヘアドネーションでショートボブに!「長澤まさみさんと間違えないように」
「頭良すぎる」英代表の超逸材が披露した“トミヤス対策”が反響!「突破させなかった冨安よりすごい」
「僕はファンから愛されてないと思う」フランクフルト鎌田大地が現地紙のインタビューに赤裸々告白!「移籍せずに残ってよかった」
「マッチアップ激アツ」冨安健洋とC・ロナウドの1対1シーンが反響!「ほぼ完璧に止めてた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ