引退セレモニーで阿部勇樹の感情が最も昂った瞬間…涙ながらに盟友7人に伝えた感謝

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年11月27日

個人名を挙げた7人は、ともにタイトルを獲得してきた歴戦の友

契約満了となった宇賀神(左)、槙野(右)とともに撮影。阿部は彼ら盟友に感謝を述べた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1第37節の浦和レッズ対清水エスパルス戦後、埼玉スタジアムは暖かい拍手に包まれ、ホームのゴール裏には数多くのメッセージが掲示された。

『浦和を愛し浦和に愛され続ける男 ありがとう阿部勇樹』

『全身全霊戦い続けた男 22ありがとう』

『ひたむきに取組み結果で示したキャプテン 俺たちの誇り 阿部勇樹』

 ピッチに現れた阿部勇樹は、四方に丁寧にお辞儀をすると、そうした雰囲気を噛み締めながら言葉を紡いでいった。

「みなさん今日はこんなに大勢の方に来ていただいて、しかも寒いなか待っていただいてありがとうございます。

 今月の14日に引退会見をさせていただきました。ですが、みなさんには直接お伝えできていないので、今日お伝えさせてください。

 私、阿部勇樹は今シーズンをもって引退します。長きにわたって応援してくださったファン・サポーターのみなさん、パートナー企業のみなさま、ホームタウン、後援会、スチューワードなど浦和レッズに関わる全ての方に感謝します。ありがとうございます」
 
 そう感謝を述べた阿部の感情が最も昂ぶったように見えたのが、これまでともに戦っていた選手の名前を挙げた瞬間だった。

「今年、リカルド(・ロドリゲス)監督はじめコーチングスタッフのみなさん、メディカルスタッフのみなさん、マネージャーチームのみなさん、そして一緒に戦ってきた選手のみなさん、本当にありがとうございます。

 その中でも、西川周作、宇賀神友弥、槙野智章、シーズン途中に移籍してしまいましたが武藤雄樹、柏木陽介、関根貴大、そして興梠慎三。本当に、あなたたちがいなかったら、ここまでできなかったです。ともに戦ってくれて本当にありがとう。感謝しています」

 浦和に加入したのは、2007年1月。イングランドのレスターに在籍した10年8月から12年1月までを除けば、実に13年半にわたって赤いユニホームに身を通してきた。

 個人名を挙げた選手とは、その間、ともにいくつものタイトルを獲得してきた。まさに歴戦の友である。

 そうした盟友たちとともにスタジアムを回って、ファン・サポーターに挨拶をする最後の瞬間は、阿部にとって特別な時間になったに違いない。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【セルジオ越後】大久保の191点を超えるには何が必要?阿部の経験値はすぐ生かされない? 元代表選手の引退で見えてくるもの
【私が見た阿部勇樹】口数は多くないが周囲を魅了する人柄。今でも千葉を気にかけ
【私が見た阿部勇樹】先頭に立つわけではないのに誰もが頼りにした男…その求心力の裏側
【私が見た阿部勇樹】最高潮は2010年…“ルーニー潰し”が窮地の岡田ジャパンを救うきっかけに
「あべちゃんお疲れ様」“盟友”阿部勇樹の現役引退に、松井大輔が涙の惜別「なぜか仲良くなった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ