【私が見た阿部勇樹】口数は多くないが周囲を魅了する人柄。今でも千葉を気にかけ

カテゴリ:Jリーグ

加茂郁実

2021年11月26日

まさに“魅惑の人”だった

オシム監督の下でキャプテンにも就任。周囲をまとめる力を備えていた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2021年シーズン限りでの現役引退を発表した阿部勇樹。千葉のアカデミーで育ち、浦和や日本代表でも活躍した輝かしいキャリアを様々な記者に振り返ってもらう。ここでは千葉時代のエピソードを紹介してもらおう。

―――◆―――◆―――

 阿部のプレーのすごさは千言万語を費やしても表現し得ないが、万人の知るところでもある。なので、ここではプレー面に関しては割愛させていただき、その人間性に焦点を当てたい。

 決して口数が多くはないが、その一言に注目が集まる。最初の頃は人見知りで、一言、二言しか話さないような感じだったが、千葉のジュニアユースでもキャプテンを務めていたように、元来、人をまとめる力を持っているし、伝える力も十分にある。そして、その芯は実にしっかりとしている。曲がったことが大嫌いで、話したくないことはどんなにこちらが引き出そうと頑張っても口にしない。実は、何回か困ったこともあった。とはいえ、阿部には阿部の理由がきちんとあった。そして、練習後や、試合後には必ずといって、阿部の周囲には記者で人だかりができた。勝っても、負けても、どんな時もみんなが阿部に話を聞きたがった。それは、中心選手だけではない、彼には惹きつける“何か”があったのは間違いない。
 
 個別インタビューする機会にも何度も恵まれたが、今日はどれだけ喋ってくれるかなと、いつも緊張したものだった。喋ってくれなかったらどうしよう。とはいえ、それはいつも杞憂に終わり、話をはじめると、一つひとつ丁寧に説明してくれて、「なるほど!!」と、思うことも多く、こちらの勉強にもなった。

 そして、元千葉のあるJリーガーは、阿部とは実際に一緒にプレーしたことはないのだが、今年に入って、「試合で対戦した時に、『以前は千葉でプレーしていたよね。知っているよ。最近はどう?』等、声をかけてくれました」と、嬉しそうに話し、こう続けた。「次、対戦した時には、ユニホーム交換したいな」と。残念ながら実現はしなかったのだが、阿部が今でも千葉を気にかけている様子を知ることができる一幕であり、阿部が人を魅了した瞬間でもあった。
【関連記事】
「お前のせいで負けたと言ったら殴られた」松井大輔が元日本代表DFとの“秘話”を内田篤人に告白「殺人予告とかもあったみたい」
「笑っちゃうくらいカッケェな」久保建英と韓国の至宝が絡んだ“激アツ動画”が大反響!「感動してしまった」
【セルジオ越後】大久保の191点を超えるには何が必要?阿部の経験値はすぐ生かされない? 元代表選手の引退で見えてくるもの
【私が見た阿部勇樹】先頭に立つわけではないのに誰もが頼りにした男…その求心力の裏側
【私が見た阿部勇樹】最高潮は2010年…“ルーニー潰し”が窮地の岡田ジャパンを救うきっかけに

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ