浦和、「3カ年計画」最終章へ。涙にくれた一週間の真意。世代交代の一言では片付けられない“変革”

カテゴリ:Jリーグ

牧野真治

2021年11月25日

このドラスティックさこそ、浦和レッズの本気

今季はユンカー(7番)や江坂(33番)を獲得。集大成となる1年に向け、今冬の動きにも注目が集まる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 これほど「男の涙」が繰り返された1週間があっただろうか――。それも魂を込めて戦うピッチ上ではなく、記者会見の席で。

 今季限りでスパイクを脱ぐ阿部勇樹、今季限りで契約満了となり、退団が決まった槙野智章、宇賀神友弥。そしてクラブが下した「苦渋の決断」の一端を担ったリカルド・ロドリゲス監督。11月14日から21日に至るまで涙の会見の連続に心をかき乱された赤きサポーターは少なくなかったはずだ。だがこのドラスティックさこそ、浦和レッズの本気。来季に懸ける覚悟と責任が見えてくる。

 2022年は浦和にとって、ただの1年ではない。「3カ年計画」の3年目。ビッグクラブの宿命として絶対的な結果が求められる。19年12月、浦和はフロントの強化体制の一新と共に新たな指針を打ち立てた。

 それが「20年は変革元年、21年がコンセプトの表現、22年がリーグ制覇」という3カ年計画。以来、西野努テクニカルダイレクターは常に22年の布陣を念頭に動いてきた。年間を通じ、積極的な補強を見せた今季も一貫して「3年で結果を出す、そこは変えない」と話しており、集大成の1年となる。

 大胆な選手の入れ替えに伴い、補強ポイントも見えてくる。まず槙野、宇賀神、さらにトーマス・デンという計算できる実力者が抜けるセンターバック、サイドバックの補完。前線もキャスパー・ユンカー、興梠慎三に加え、ボールが収まる強烈なアタッカーは加えたいところだ。
 
 今季は支配率に比べると得点力が今ひとつ。水面下では決定力あるウイングの獲得の動きも見える。さらにボランチも補強ポイントか。柴戸海、伊藤敦樹、平野佑一ら一定の選手層を持つポジションだが、比較的、同タイプで守備に力強い選手が多い。

 ロドリゲス監督が「例えば徳島の岩尾憲のようなチームのブレーンになるようなタイプ」と話すのは平野のみ。来季は安居海斗(流通経大)も加入するが、リーグ制覇を見据えれば、パスを供給し、得点も取れるボランチも重要になりそうだ。
 
【関連記事】
【私が見た阿部勇樹】先頭に立つわけではないのに誰もが頼りにした男…その求心力の裏側
【私が見た阿部勇樹】最高潮は2010年…“ルーニー潰し”が窮地の岡田ジャパンを救うきっかけに
浦和が4選手の退団を公式発表。DFトーマス・デンのほか、他クラブへレンタル中のGK福島、DF大城、MF池髙が契約満了に
12年在籍したレッズを去る宇賀神友弥が心境を打ち明ける「今はスッキリしている」
槙野、涙の囲み会見…1時間超えの質疑応答で語ったレッズ愛「このクラブで引退したかった」「監督になって戻ってきたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ