「ワールドクラスの動き」南野拓実の驚異的“得点ペース”に英メディアが驚愕!「ベンチにこれほどの選択肢があるとは…」

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年11月23日

「1ゴールを決めるのに要したのは60.5分」

ついにプレミアリーグのビッグマッチで結果を残した南野。(C)Getty Images

画像を見る

 冨安健洋が所属するアーセナルを相手に、今シーズンのプレミアリーグ初ゴールを決めたことは、リバプールの南野拓実にとってシーズンのターニングポイントとなるだろうか。

 先発出場したリーグカップ2試合では3得点と結果を出しながら、プレミアリーグやチャンピオンズ・リーグ(CL)で出番が与えられず、チャンスをうかがっていた南野。アーセナル戦では投入直後に勝利を確実にするチーム4点目を挙げて賛辞を浴びた。

 リバプール専門サイト『ROUSING THE KOP』は11月22日、「タクミ・ミナミノは舞台裏で静かに輝いている」と題し、「驚きの喜ばしい収穫はミナミノの登場」と、日本代表アタッカーを称賛している。

「移籍が噂されたが、彼は舞台裏で静かに頑張っており、定期的な出場機会がないことを考えれば見事なペースで得点している。4得点ではあるが、出場時間が242分間であることを考えれば、1ゴールを決めるのに要したのは60.5分。さらに出場機会が増えるかは分からないが、ベンチにこれほどの選択肢があるのは、ユルゲン・クロップ監督にとってファンタスティックだ」

【動画】冨安のタックルも間に合わず…流れるような連係から南野が決めた今季プレミア初ゴール

 さらに、同メディアは「彼がワールドクラスの動きとフィニッシュ、冷静さのファンタスティックなコンビネーションを活用するには、ボックス内に入らなければならない」と続けている。

「より大きな役割を担うのに必要なのは、優れた配球だけだ。アーセナル戦ではまさにそれを得た。完璧なタイミングの走り、そしてトレント・アレクサンダー=アーノルドのパスをファーで押し込んだ」

 リバプールは1月のアフリカ・ネーションズカップでモハメド・サラーとサディオ・マネがチームを離脱する予定だ。それだけに、攻撃陣のバックアッパーが結果を残せるかは注目されている。

 限られた機会を活用してきた南野は、どのような冬を過ごすことになるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】「アツすぎる」「日本人の誇り」とファン反響!南野と冨安のユニホーム交換シーン

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

【関連記事】
「涙もんだわ!」南野拓実のゴールを祝福した同僚スターの振る舞いにファン感動!「カッケーなぁ」
「彼は本当によくやった」待望の一発を決めた南野拓実を同僚MFが絶賛!「黙々とハードワークを続けてきて…」
「誤解を生んでたらごめんなさい」岩渕真奈、南野のゴール祝福で一部アーセナルファンの反感を買い謝罪も…理解を示す声が多数
「悟空のかめはめ波かよ」柴崎岳のスーパーミドル弾に現地サポも驚愕!「この日本人のゴラッソは衝撃だ」
「ミトマだけ早送りのスピード」三笘薫の“2人ぶち抜き”高速ドリブルが大反響!「ベイルおったわ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ