21歳“CB”が、イタリアU-21代表デビュー戦で衝撃のハットトリック! OGと共に一躍話題に

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年11月19日

エンポリの保有選手で今シーズンはクロトーネでプレー

イタリアU-21代表のデビュー戦でハットトリックしたカネストレッリ(5番)。(C)Getty Images

画像を見る

 11月16日に行なわれたイタリアU-21代表対ルーマニアU-21代表のフレンドリーマッチで大きな話題を提供したのが、DFシモーネ・カネストレッリだ。イタリアU-21代表デビュー戦となったこの試合で、29分にオウンゴールを記録。名誉挽回とばかりに61分、68分、71分の10分間で、いずれもヘディングでゴールを決めて、CBながらハットトリックを達成したのだ。

『Gazzetta dello Sport』紙によると、イタリアU-21代表でハットトリックを決めた選手は過去に14人。FWクリスティアン・ヴィエリ、FWエミリアーノ・ボナッツォーリ、FWアルベルト・ジラルディーノ、FWジャンパオロ・パッツィーニらで、さらにデビュー戦でのハットトリックとなると、FWセルジョ・マジストレッリ(1971年)とFWクリスティアーノ・ルカレッリ(96年)の2人しかいない。

 過去の14人はいずれもFWか攻撃的MFで、DFが記録するのは史上初。しかも史上3人目のデビュー戦ハットトリックという記録づくめだった。同紙は、3人とも苗字の最後が「レッリ」だとも伝えている。

 ユース年代の代表の常連であるカネストレッリは192センチの大型CBで、育成に定評のあるエンポリ下部組織の出身。2020-21シーズンはアルビノレッフェ(セリエC)でプレーし、今シーズンはクロトーネ(セリエB)にレンタル移籍して研鑽を積んでいる。シーズン終了後には、保有元のエンポリ(セリエA12節終了時点で11位)に復帰する予定だ。
 
「とても美しいデビュー戦だった。でも、まさかこんな結果になるとは、まったく想像していなかったね」と4-2で勝利した試合後に語ったカネストレッリ。この試合で使われたボールと着用したユニホームを、父ミルコにプレゼントするとも明かしている。

 父のミルコは元サッカー監督で、かつては大人のチームを指導。現在は子供たちにサッカーの楽しさを伝えているという。「サッカーに興味を持つきっかけを作ってくれたのは父だった。いまでも父には感謝している。ユニホームを家に飾ってくれたら嬉しいね」とも語った。

 ド派手なU-21代表デビューを飾ったカネストレッリ。現在はセリエBでプレーしているが、今後、注目を集めるのは必至。セリエAの舞台で活躍する日も近いうちにやってくるかもしれない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】デビュー戦で衝撃の活躍! イタリアU-21代表DFのハットトリック
【関連記事】
「タケにはチーム内で苦情がある」久保建英と36歳主将の“知られざる関係”を番記者が明かす!「降格したら出て行って…」【現地発】
「交換してくれよ」内田篤人が試合中にユニホームを懇願された名DFを明かす!「嬉しいよね、同じポジションで」
「勤勉でリーダーのようだ」冨安健洋の“謙虚すぎる発言”に英メディアが感嘆!「完全に適応したらと考えると…」
「向いていると思う」冨安健洋が内田篤人に明かしたセリエAとプレミアの大きな“違い”。五輪後でも「イタリアの時よりコンディションがいい」のはなぜ?
「キレッキレの動き」久保建英のステップ→ドリブル→ゴールに反響!「パワーアップしてる感じ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ