「三笘薫の素晴らしいパスだ」窮地から2位浮上の日本代表にスペイン紙も驚愕!「久保建英なしで大復活を遂げた」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月17日

「ほぼ終わったかに見えた日本がカムバック」

途中出場で流れを変え、伊東の決勝点をお膳立てした三笘(中央)。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 現地11月16日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第6節で、日本代表は敵地マスカットのスルタン・カブース・スポーツ・コンプレックスでオマーン代表と対戦した。

 スコアレスで試合が推移し、重苦しい時間帯が続いたものの、81分に途中出場の三笘薫が左サイドから送り込んだクロスを伊東純也が押し込んで、2試合連続ゴール。これが決勝点となり、第1節にホームで0‐1と敗れた相手に、同じスコアでリベンジを果たした。

 3連勝で4勝2敗とした森保ジャパンは勝点を12に伸ばし、中国とドローに終ったオーストラリア(勝点11)を抜いて、2位に浮上している。

 スペインの有力紙『MARCA』もこの結果に注目。「W杯出場がほぼ終わったかに見えた日本が、素晴らしいカムバックを果たす」と見出しを打ち、「最初の3試合で2敗を喫したサムライジャパンは、オマーンを1‐0で破り、カタールW杯の自動出場圏内に入った」と驚きをもって伝えている。

【W杯アジア最終予選PHOTO】オマーン0-1日本|期待の三笘の突破から伊東が決勝点!

「最初の3試合で2敗したため、オーストラリア(勝点9)とサウジアラビア(同9)にはるかに遅れ、森保一監督の選手たちは困難な状況に置かれた。しかし、彼らは復活をした。負傷した久保建英なしで大復活を遂げたのだ。いまやカタールW杯に自力で出場できるポジションを占めている」

「3連勝で順位をひっくり返した」と綴った同メディアは、オマーン戦での得点シーンについて、「三笘薫の素晴らしいパスから、81分に伊東純也がゴールを決め、サムライブルーに3ポイントをもたらした」と綴っている。

 一時は本大会出場が危ぶまれた状況からのカムバックには、スペインメディアも驚きだったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「素晴らしい」とスペインメディアも絶賛! 伊東純也の千金弾を演出した三笘薫の絶妙アシスト

【PHOTO】敵地・オマーンで日本代表を応援するサポーターを特集!

【動画】「顔を踏みつけた」現地ベトナムで反響!守田と相手GKの激しい接触シーン

【関連記事】
【セルジオ越後】オマーン戦のヒーローは間違いなく三笘! 柴崎は田中にレギュラーを奪われたけど…
「前半は全く良くなかった」城彰二が森保Jの辛勝に問題点を指摘!「全然力が発揮できていない」と名指しした選手は?
【日本1-0オマーン|採点&寸評】2試合連続決勝ゴールの伊東が勝利の立役者。ただMOMに選びたいのは…
「夢は終わった」森保Jにリベンジを許したオマーンのファンが嘆き!「最悪の状態の日本に勝てないとは…」
「こんな流れが変わるのか…」A代表デビュー三笘薫のドリブル突破にファンも大盛り上がり!「ネイマールやん」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ