• トップ
  • ニュース一覧
  • 【なでしこサッカー新時代】第6回 塩越柚歩(後編)|「WEリーグを成功させなくちゃいけないという使命感がある」

【なでしこサッカー新時代】第6回 塩越柚歩(後編)|「WEリーグを成功させなくちゃいけないという使命感がある」

カテゴリ:女子サッカー

西森彰

2021年11月15日

「勝利へのこだわりはユース時代に教わった」

WEリーグへの思いを明かした塩越。 写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「なでしこサッカー新時代」第6回、三菱重工浦和レッズレディースの塩越柚歩選手の後編をお届けする。浦和の生え抜きプレーヤーがユース時代を振り返り、今度はWEリーガーとして新たな道を突き進んでいるなか、今の日本に必要なことを語ってもらった。

 
――塩越選手は、浦和でジュニアユースからやってきた生え抜きの選手ですが、育成年代の思い出や、浦和ならではの印象に残っているシーンなどを教えてください。

 一人ひとりが、勝利にこだわるという部分でしょうか。ユース時代は、練習試合などで1失点するごとに、ダッシュ10本というペナルティもありましたね(笑)。ただ、そういった「勝利へのこだわり」という部分は、ジュニアユース、ユース時代を通じて、すごく教わった部分かなと思います。

 それに、この時代は、ホームゲームには運営のひとりとして携わり、ボールガールや担架要員をしながら、トップチームの試合を間近で見学していました。トップの選手の試合に対する熱意や、キックオフに向けての顔つきの変化を、ジュニアユースの時から見させてもらって、すごく感じることがありました。ハイレベルな戦いを、すごく楽しそうにしているなとか、そんな中でも勝負にこだわっているなとか……間近で感じることができたのは、貴重な体験でした。

――そうした体験を経て、トップチームでプレーしてみたとき、「一番、違ったな」と感じた部分はありましたか?

 やはり、「全部が違うな」と感じました。サポーターの方々の応援が大きかったように思います。自分たちと一緒に戦ってくれているということを体感し、チーム全員で勝ちに向かうという部分は、トップチームで戦ってこそ感じる部分です。

――浦和のユースからトップに上がる選手たちは、塩越選手のように、身長があり、スピードもあってという選手が多いと感じます。体づくりという部分でも、しっかり指導を受けているのですか?

 今はコロナ禍で中止されていますが、練習後に、チームに夕飯を出してもらっていました。「最低限、これくらいのものを食べなさい」という基準があり、体つきがしっかりした子が増えたのかなという感覚はありますね。普段から指導はされていましたが、特に合宿の時の食事は、非常に管理されたものを食べていました。練習後の食事は私のひとつ下の世代の選手たちからの試みですが、影響はあるように思います。
 
【関連記事】
【なでしこサッカー新時代】第6回 塩越柚歩(前編)|「東京オリンピックでは、世界のスピード、強さを感じた」
【なでしこサッカー新時代】第5回 浜田遥 (後編)|「サッカーを通して恩返しがしたいと、ずっと考えていたんです」
【なでしこサッカー新時代】第5回 浜田遥 (前編)|「ポジションが変わっても、『点を決める』という強い気持ちは変わらない」
【なでしこサッカー新時代】第1回 菅澤優衣香 |不動のエースが東京オリンピックへ、そしてWEリーグ開幕へ懸ける想い (後編)
【なでしこサッカー新時代】第1回 菅澤優衣香 |不動のエースが東京オリンピックへ、そしてWEリーグ開幕へ懸ける想い (前編)

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ