【ライターが選ぶJ1ベスト11】ターンオーバー全盛の時代、驚きの数字を挙げたFWと圧倒的だったボランチは?

カテゴリ:Jリーグ

清水英斗

2021年11月09日

東京五輪を経てひとつスケールが大きくなった旗手

清水氏が選んだ今季のベストイレブン。

画像を見る

 今季のJ1リーグは、4試合を残して川崎フロンターレの優勝が決まった。王者の強さが際立つなかで、今季のJ1を沸かせた11人とは誰なのか。国内サッカーに精通する有識者に今季のベストイレブンを選んでもらった。
文=清水英斗(サッカーライター)

――◆――◆――

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 FW陣ではMVP候補と考えられる、レアンドロ・ダミアンと前田大然は確定。前者は18得点のほか、アシストも8と多い。頻繁にターンオーバーされるため、出場時間は少なめだが、逆に言えば、それでもこの数字を残しているのは驚きだ。ゴールパターンもコンビネーションのほかに、ロングシュート、ハイクロスのヘディングなど、彼ならではのスーパーゴールが目立つ。川崎で今季が3年目になるが、状態は最も良いと感じる。文句なしのベストイレブンだ。

 前田もFC東京戦でハットトリックを達成し、得点数は21で単独トップに立った。レアンドロ・ダミアンほどのゴールパターンの豊富さはないが、彼ならではの鋭いワンタッチゴールが、横浜F・マリノスのスタイルと合致し、鮮烈なゴールを挙げている。スプリントは圧巻の速さで、守備面の貢献も大きい。優勝チームではないので、MVPはやや厳しそうだが、残る3試合でさらに爆発すれば、もしかしたら?

 もう1枚はお馴染みの家長昭博にした。圧倒的なキープ力と、左足の精度。カウンタープレスでボールも奪い、ゴール数も8を記録。脇坂泰斗や田中碧ら、中盤のハードワーカーと絶妙なサポート関係で、今季も個性が光った。

 MFの一番手は旗手怜央。左サイドバックも良かったが、中盤は彼自身のクオリティがより感じられた。東京五輪を経て、スケールがひとつ大きくなった感がある。11月のA代表初選出も当然。さらなる活躍が期待される。

 2人目はルヴァンカップMVPの稲垣祥だ。今季はACLを準々決勝まで戦いながら、リーグ戦もJ1で全試合に出場中。しかも、その大半がフル出場だった。この5人交代可能でターンオーバー全盛の時代に、運動量豊富なダイナモボランチの圧倒的な稼働率は、驚愕の一言だ。ゴール数もMFながら8を記録し、チーム内トップ。インパクトが強いシーズンだった。

 もうひとりは後半戦に川崎への怒涛の追い上げを見せた横浜F・マリノスから、扇原を挙げた。美しく創造的なパスセンス、判断の早さ、豊富な運動量によるプレッシングなど、アグレッシブなチームスタイルを引っ張った。

【動画】内田篤人が絶賛した超高校級DFチェイス・アンリってどんな選手? プレー集をチェック
【関連記事】
【どこよりも早い! ライターが選ぶJ1ベスト11】三笘、古橋は圧倒的だったが…FWは文句なしの3人
【ライターが選ぶJ1ベスト11】川崎番記者が考える連覇に必須だった選手と、敵に回すと厄介な選手は?
【どこよりも早い! ライターが選ぶJ1ベスト11】今年最大の発見は文句なしに後半戦の川崎を支えたボランチ!
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
11日のベトナム戦へ!豪州戦のヒーロー田中碧が語る川崎時代に得たものと“学べなかった”こと

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ