• トップ
  • ニュース一覧
  • 【どこよりも早い! ライターが選ぶJ1ベスト11】三笘、古橋は圧倒的だったが…FWは文句なしの3人

【どこよりも早い! ライターが選ぶJ1ベスト11】三笘、古橋は圧倒的だったが…FWは文句なしの3人

カテゴリ:Jリーグ

西部謙司

2021年11月08日

中野嘉大はおそらくJ最大の稼働範囲を持つ選手だが…

西部氏が選出した今季のベストイレブン。

画像を見る

 今季のJ1リーグは、4試合を残して川崎フロンターレの優勝が決まった。王者の強さが際立つなかで、今季のJ1を沸かせた11人とは誰なのか。国内サッカーに精通する有識者に今季のベストイレブンを選んでもらった。
文=西部謙司(スポーツライター)

――◆――◆――
 
 GKはランゲラック(名古屋)を選出。川崎の守護神チョン・ソンリョン、驚異的なセーブを見せた東口順昭(G大阪)、五輪の印象が強い谷晃生(湘南)も候補だったが、シーズンを通しての安定感を優先した。

 DFは優勝の原動力だったジェジエウ、雄たけびとともにヘディングする気迫溢れる菊池流帆(神戸)、左には中長距離のキックの精度が素晴らしい福森晃斗(札幌)の3バック。

 ユーティリティの岩田智章(横浜)、堅守の名古屋を支えた中谷進之介、吉田豊。クロスボールで福岡の攻撃面での武器だったエミル・サロモンソン、福森とレフティ枠で迷ったティーラトン(横浜)、右SBでキレのあるプレーをみせた松田陸(C大阪)も候補だった。

 選出できなくて残念だったのは明本考浩(浦和)と中野嘉大(鳥栖)だ。強度の高いプレーで新生・浦和の象徴だった明本はいろいろなポジションでプレーしていて、DFなのかどうか微妙だったので外した。中野はおそらくJ最大の稼働範囲で、ダニエル・アウベスやカンセロのような従来のポジション概念を超えた選手になるだろう。まあ、この2人はこれからどんどん評価が高まるだろうから今回は遠慮してもらおう。

 MFは躍進した福岡の攻守を支えた前寛之(福岡)、同じくポジショナル・プレーで衝撃的だった鳥栖の核となった仙頭啓矢。この2人はチーム代表という意味もあって選出した。守備力とミドルシュートで活躍した稲垣祥と3ボランチを形成する。トップ下には柏と浦和の両方で活躍した江坂任。小泉佳穂(浦和)も考えたが、ゴールに直結するプレーで江坂とした。

 MFには好選手が多く、アンドレス・イニエスタ(神戸)を外したのは正直申し訳ない。トップ下は荒木遼太郎、土居聖真(鹿島)、マルコス・ジュニオール(横浜)、チャナティップ(札幌)でも良かったかもしれない。ボランチとしては山口蛍、セルジ・サンペール(神戸)、松岡大起(鳥栖/清水)も良かった。脇坂泰斗、旗手怜央、橘田健人の川崎組も選びたかったが、システムにちょっとハマりにくいかなと思い、見送らせてもらった。実力的には文句なしの田中碧(川崎)はシーズンの半分しかプレーしていないので選外とした。
 
【関連記事】
【どこよりも早い! ライターが選ぶJ1ベスト11】今年最大の発見は文句なしに後半戦の川崎を支えたボランチ!
「タケのガチムチ化が止まらない」久保建英の“変貌”にファン反響!「右足は明らかに細くなっている」と故障個所に懸念の声も…
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
【J1採点&寸評】鳥栖3-1川崎|鳥栖が出足&球際でも王者を上回る! 全3ゴールに絡んだ飯野を最高評価!
二枚看板が離脱…それでも川崎が強かったワケ。脇坂泰斗らの言葉に滲み出た「勝者のメンタリティ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ