「誰もがボールを返すと思った」決勝点に繋がったアーセナルの非紳士的行為に敵将ラニエリが激怒!「敬意がない」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月08日

レドナップも「アーセナルはもうナイスなチームではない」

70歳のラニエリ監督が怒りを爆発させている。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月7日に開催されたプレミアリーグ第11節で、冨安健洋の所属するアーセナルはワトフォードとホームで対戦し、1-0で勝利を収めた。ただ、決勝点を奪った直前の対応が、物議をかもしている。

 敵陣左サイドでボールを持ったワトフォードのダニー・ローズは、オザン・トゥファンが相手MFアンベール・サンピ・ロコンガと接触し、ピッチに倒れ込んでいるのを見て、一旦タッチラインの外へ出す。

 この場合、マイボールとなった側は相手チームにボールを返すことが慣例となっているが、アーセナルはスローインから通常通りパスを繋ぎ、攻撃を開始。ワトフォードの選手たちは両手を挙げて抗議するもプレーを続け、この一連の流れの中から、エミール・スミスがこの試合唯一のゴールを奪ったのだ。

【動画】決勝点はプレゼントされたスローインから…冨安もフル出場のアーセナル戦をチェック
 非紳士的行為とも取れるやり方に、ワトフォードのクラウディオ・ラニエリ監督も怒りを隠せない。英紙『Daily Mail』によれば試合後、「我々がボールを外に出すと、誰もがアーセナルの選手がボールを返すと思っていた。怪我人がいたからボールを出したのに、この後とても奇妙なことになった」と猛批判し、敵将のミケル・アルテタに「あの行為には敬意がない」とクレームをつけたことも明かした。

 また、現地放送局『Sky Sports』で解説を務めていた元イングランド代表MFジェイミー・レドナップも「アーセナルはもうナイスなチームではない。ロコンガがファウルしたのを見ただろう。ローズはチームメイトが倒れていたから、ボールを蹴り出したんだ。普通ならボールを蹴り返す。それがスポーツ的な行動だ。しかし、アーセナルはそうせず、プレーを続けた。彼らは素早くボールを奪い、そこから何かを得ようとした」と苦言を呈した。

 ルール上では問題はないものの、後味の悪さを残す結果となってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「この日本代表は大当たり」デビューから負け知らずの冨安健洋を現地紙も絶賛!「彼は守備面で絶対的な存在」
「どうして君は嘘をつく」冨安健洋が内田篤人に語ったアーセナル移籍の“真相”が現地でまさかの騒動に…宿敵トッテナムのファンがなぜ憤慨?
「キョウゴは最高の選手、動きが素晴らしい」2得点の古橋亨梧をアシストした同僚DFが絶賛!「英語も上手く…」
森保J、両サイドバックに暗雲!? 長友が衝撃大敗、酒井が負傷欠場…指揮官に求められるのは「勇気」か
「ドリブルえぐい」三笘薫の絶妙トラップ→個人技突破が反響!「しなやかなタッチで翻弄する所がマジでネイマール」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ