「これはイニエスタ」「うますぎ!」鳥栖の10番・樋口雄太が披露した“世界レベル”のスルーパスに反響!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月01日

「若き10番 樋口劇場開幕」

鳥栖の樋口がG大阪戦で披露したプレーに注目が集まっている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 サガン鳥栖の10番・樋口雄太が披露したワールドクラスのスルーパスに反響が集まっている。

 鳥栖は10月23日、J1第23節でガンバ大阪と対戦。開始10分に先制点を奪われる展開となり、試合終盤には猛攻を仕掛けるも、結局最後までビハインドをはね返すことはできず、0-1の敗戦を喫した。

 鳥栖にとっては悔しい結果となったが、Jリーグ公式ツイッターはこの試合の40分の場面に注目。「若き10番 樋口劇場開幕」と試合のワンシーンを切り取った動画を公開した。

 そのシーンとは、右サイドから華麗なタッチで相手をかわし、前線へ向けて針の穴を通すような見事なスルーパスを繰り出した樋口のプレー。この動画にはファンからも驚きのコメントが多数寄せられている。
 
「うますぎ!」
「これはイニエスタ」
「樋口は今Jでいちばんウットリする選手」
「かっこよすぎる」
「いい選手ですね」
「上手いな~、惚れ惚れしますね」
「これは世界レベル」
「水曜樋口劇場期待してます」

 今年から背番号10をつける樋口は、今季リーグ戦32試合に出場し、5得点を記録。クラブの期待を一身に背負う25歳のプレーに今後も注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「ウットリする選手」樋口雄太が魅せたワールドクラスのスルーパス!
 
【関連記事】
「あの人はやばかった」「センスの塊」城彰二がマリノス移籍時に驚かされた“天才MF”は? 中村俊輔ではなく…
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「10年以上もアーセナルに欠けていた」冨安健洋が“天敵”を封じたワンプレーを英絶賛!「この試合で最も印象的」
「変なお兄ちゃん」なでしこ岩渕真奈が“実の兄”のスーパーゴールに驚愕!「あれダイレクトで撃たない。笑」
「フルハシが先発しないと勝てない」古橋亨梧のスタメン落ちが反響拡大!「敵将は彼のベンチに喜んだと認めた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ