「アーセナルにとても馴染んでいる」完封勝利貢献の冨安健洋に現地紙が“8点”の高評価! 「HT後の激しい攻撃には少し苦戦」との指摘も

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月31日

冨安デビュー以降は5勝2分け

バーンズとボールを奪い合う冨安(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月30日に開催されたプレミアリーグ第10節で、冨安健洋の所属する10位のアーセナルは、同じ勝点14で9位のレスターと敵地で対戦。開始5分でCKからガブリエウ・マガリャンイスが絶妙なバックヘッドで先制点を挙げると、18分にもエミール・スミス・ロウが右足でネットを揺らし、早々と2点のリードを奪う。

 以降は押し込まれる時間が続くも、守護神アーロン・ラムスデイルの再三のビッグセーブもあり、ジェイミー・ヴァーディーら強力攻撃陣に最後までゴールを割らせず。このまま2-0で逃げ切り、公式戦3連勝を収めている。

 リーグ戦7試合連続で先発を果たした冨安は、31分にはゴール前でボールを持ったジェームズ・マディソンから、エリア内のヴァーディーへパスを通されそうになるも、抜群の反応を見せスライディングでカットするなど、持ち前の堅実な守備でクリーンシート達成に貢献。また、敵陣エリア内でチャンスメイクも行なうなど、攻撃面で存在感を発揮する場面もあった。

【動画】残念そこは冨安!見事な反応でレスターの決定機を未然に阻止
 こうした活躍に現地紙『Evening Standard』は、日本代表DFにラムスデイルに次ぐ2位タイの10点満点中「8」をつけ、「数々の極めて重要なブロックやインターセプトを決め、好パフォーマンスを披露した。アーセナルにとても馴染んでいて、役割を果たしている」と賛辞を寄せた。

 ただ一方で、79分にはペナルティエリア内でボールを持ったハービー・バーンズに弾き飛ばされ、ピンチを招く場面もあったように、防戦一方となった後半のプレーにはややネガティブな声も。現地メディア『90min』は「序盤から両サイドで活躍し、クロスや自陣深くでの決定的なインターセプトを見せたが、ハーフタイム後の激しい攻撃には少し苦戦」と指摘した。

 アーセナルは1954-55シーズン以来のリーグ開幕3連敗と最悪のスタートを切りながら、冨安がデビュー以降は5勝2分けと見事に巻き返しに成功した。もちろん、プレミアリーグ初挑戦の22歳には克服すべき課題もあるが、その存在は名門復権に欠かせぬピースとなっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「史上最高の安定感」アーセナルの冨安健洋ら4バック&守護神をスペイン紙が大絶賛!「チームをガラリと変えた」
「それ止めるのか、すげえ…」冨安健洋のピンチを防いだ“超絶ディフェンス”に絶賛の嵐!「カンナバーロみたい」
「呼ばれない理由はなに?」絶妙ループ弾の“代表キャップなし”アタッカーに森保ジャパン入り待望論!「こんなに落ち着いて決める人は日本にいない」
「トミヤスの加入で全てが変わった」英代表MFの復調は“冨安健洋のおかげ”と地元メディアが指摘!「彼の重要性を浮き彫りにしている」
本田圭佑が好きなボランチは? いま大注目の名手を挙げる!「知ってるかなぁ、凄さを」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ