【J1ベストイレブン】MVPはガンバのエース!仙台から2選手が初選出|33節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月25日

Jリーグ終盤戦で5選手が初選出に

【33節のベストイレブン】

画像を見る

 Jリーグは、10月22~24日にJ1第33節の10試合を各地で開催した。ここでは、今節の全試合の中からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 今節の主役は、チームを3試合ぶりの勝利に導く決勝弾を決めたガンバ大阪の宇佐美貴史だ。

 サガン鳥栖戦で先発した宇佐美は、「相手ゴールに向かう姿勢をもっと強烈に出さないといけない」という松波正信監督の言葉を体現。10分、相手CKの流れから一斉にカウンターを仕掛けるなかで、山本悠樹からのパスを受けると、ペナルティエリア内に侵入し左足を一閃。貴重な先制弾をもたらすと、苦しい時間帯に守備でもギアを上げ、残留争いから一歩遠ざかる白星に貢献。チームを救ったエースを今節のMVPに選出した。

 G大阪からは、ミスはあったものの、最後まで鳥栖の攻撃陣を封じた菅沼駿哉もピックアップしている。
 
 ベガルタ仙台からも同じく2選手を選出した。関口訓充は残留争いで苦しむチームを奮い立たせる先制ゴールを決め、吉野恭平はピンチの場面で球際への強さを見せて、身体を張ってボールをゴール前からかき出した。二人そろって初のベストイレブン入りとなった。

 同じく初選出が2選手。浦和レッズの柴戸海は、柏レイソルを相手にチームが奪った5得点のうち2ゴールに絡む活躍を見せ、ボランチとしてチームに安定感ももたらした。セレッソ大阪の加藤陸次樹は優勝争いを続ける横浜F・マリノスを下す値千金の決勝点のほか、走力を活かして守備でもチームに欠かせぬ選手となっていた。

 そのほか、首位を走る川崎フロンターレからは無敵の空中戦で清水攻撃陣を封じたジェジエウ、それぞれ2得点に絡んだヴィッセル神戸の武藤嘉紀と、湘南ベルマーレの山田直輝をチョイス。GKには粘り強く耐え続け、ビッグセーブも披露した北海道コンサドーレ札幌の菅野孝憲を選出している。

【PHOTO】J1第33節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!

【動画】2021年J1リーグ第33節、編集部厳選ベストイレブン!
 
【関連記事】
「我を失った」C・ロナウドが20歳MFにキレて“3度蹴り”! リバプール陣営が激怒した愚行に非難殺到「レッドに値する」
「可愛すぎます」なでしこ清水梨紗&“Wひかる”のスマイル3ショットに喝采!
「可愛いから綺麗へ」浦和L・猶本光の“エレガントショット”に反響続々!「破壊力ぱねぇ」
『ニューヒーロー賞』は鈴木彩艶に決定! GKは曽ケ端準以来2人目の受賞、浦和からは歴代最多5人目!
川崎サポーターのエールにL・ダミアンが“ゴラッソ”で回答!横断幕や国旗掲揚については「感謝の気持ちでいっぱいです」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ