【クラシコ採点&寸評】バルセロナ1-2R・マドリー|“白い巨人”の3人を7点台に! MOMは鮮烈先制弾の「バルサキラー」を選出

カテゴリ:メガクラブ

下村正幸、井川洋一

2021年10月25日

バルセロナ――一番の脅威になっていたジョルディ

カンプ・ノウで激突したバルセロナ(上)とマドリー(下)。(C)Getty Images

画像を見る

[ラ・リーガ第10節] バルセロナ1-2R・マドリー/10月24日/カンプ・ノウ

【バルセロナ|採点・寸評】
チーム 5.5
マドリーが特段良い試合をしたわけではない。ベンゼマはチャンスを決められず、ヴィニシウスも後半はやや尻すぼみだった。それでも先制された後は、反撃の機運は高まらず、ズルズルと時間が経過するだけだった。

[GK]
1 マルク=アンデル・テア・シュテーゲン 5.5
1点目はアラバのシュートを称えるべきで、2点目は結果的にゴールを割られたとはいえ、アセンシオの強烈なシュートに素早く反応した。しかし、かつての圧倒的な存在感は失われたままだ。

[DF]
22 オスカル・ミンゲサ 5.5(46分OUT)
オープンスペースでヴィニシウスが相手だと分が悪かった。懸命に対応しようする姿勢は見えたが、ブラジル代表FWの判断ミスにも助けられた面もあり、前半限りで交代した。

24 エリク・ガルシア 5.5
果敢にドリブルで攻め込んで攻撃の起点となった。守備では61分にモドリッチのシュートを阻止するなど光るプレーはあったが、2失点目は反応が遅れた。

3 ジェラール・ピケ 5.5
ビルドアップでE・ガルシアに主役の座を譲り、守備でも特筆すべきプレーはなかった。DFリーダーとして存在感は希薄だった。

18 ジョルディ・アルバ 6.5
デパイがL・バスケスを引き付けて、その空いたスペースを突くという形から再三オーバーラップ。左サイドからの攻撃は一番の脅威になっていた。
 
[MF]
5 セルヒオ・ブスケッツ 6.5
ガビのサポートも得て、何本か“らしい”パスを前線に供給し、守備でも“らしい”インターセプトを連発した。バルサの中ではMVP評価。

30 ガビ 6(85分OUT)
持ち前のエネルギッシュさを失わず、ブスケッツを攻守にわたりサポート。精度を欠く場面もあったが、そのパスは常に明確な意図が感じられる。

21 フレンキー・デヨング 5(77分OUT)
決して全開とはいえなかったマドリーの中盤を向こうに回し、組み立て役を担えず、最終局面でもパスの精度を欠いた。ペドリが復帰すると、レギュラーの座も安泰とはいかないかもしれない。

【動画】後半アディショナルタイムに2ゴール!バルサ対マドリーの激闘
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
クラシコの勝負を分けたポイント――アラバのカウンター弾はなぜ生まれたのか。結果に表われたマドリーの「明確な狙い」
「90m超の爆走を見よ」アラバの“衝撃クラシコデビュー弾”を現地絶賛!「驚異的な左足でカンプ・ノウを沈黙させた」
10番も背負う中井卓大はマドリーB昇格という狭き門を突破できるのか。番記者に訊いた“リアル評”「必ずしも歓迎できない状況だ」
「どうやって出会うんですかね?」内田篤人が後輩選手の結婚報告に驚き!「綺麗でしたよ、とっても」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ