アルド・ドルチェッティ 新着記事

【スタイル分析】展開に応じて速攻と遅攻を使い分け主導権を握る|ベルギー

 プレミアリーグの有力クラブで中心選手として活躍する若手、中堅が顔を並べる好チームだ。特に中盤から前線にかけてはタレント揃いで、フィジカルコンタクト、スピード、ダイナミズム、テクニック、そしてイ... 続きを読む

【スタイル分析】スピーディーなサイドアタックで攻撃を加速|コロンビア

 1月に左膝を負傷した大エースのファルカオは結局、間に合わなかったが、その代役を務めるであろうJ・マルティネスをはじめ、J・ロドリゲスやT・グティエレスなど、フィジカル、スピード、テクニックを備... 続きを読む

【スタイル分析】ハイテンポなモダン型の堅守速攻|クロアチア

 欧州予選プレーオフ前に指揮官交代を決断。結果的にこれが奏功し、アイルランドとのプレーオフを何とか乗り切って本大会行きを決めた。  シュティマッツ前監督は3-5-2、4-4-2、4-3-3などを併... 続きを読む

【スタイル分析】強力な攻撃陣を伝統の堅守速攻で生かす|ウルグアイ

 主力の顔触れは、4位入賞を果たした4年前の南アフリカ大会から大きく変わっていない。チームとしてのスタイルも、伝統の堅守速攻だ。  システムは4-4-2を基本に、チーム状態や相手に応じて最適化でき... 続きを読む

【スタイル分析】シンプルなつなぎで2列目の打開力にかける|スイス

 攻撃の基本スタイルは、パスを主体とした最終ラインからのビルドアップ。主導権を握る目的のボールポゼッションではなく、手数をかけずにシンプルに2列目の3人にボールを供給する。そこから仕掛けのプロセ... 続きを読む

【スタイル分析】好機と見れば躊躇なく攻め上がる|ボスニア・ヘルツェゴビナ

 フィジカル能力とテクニックを兼備したプレーヤーを揃え、運動量と献身性を最大の武器とする。最初から最後まで高いインテンシティーを保って勢いで押し切る戦い方が身上で、スタイル的にはダイレクト志向が... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ