【スタイル分析】ハイテンポなモダン型の堅守速攻|クロアチア

カテゴリ:国際大会

アルド・ドルチェッティ

2014年05月23日

リズムよりも効率を重視した攻めを展開。

ルカ・モドリッチ (C) Getty Images

画像を見る

 欧州予選プレーオフ前に指揮官交代を決断。結果的にこれが奏功し、アイルランドとのプレーオフを何とか乗り切って本大会行きを決めた。
 
 シュティマッツ前監督は3-5-2、4-4-2、4-3-3などを併用したが、後任のN・コバチはよりモダンな4-2-3-1にシステムを変更。中盤に揃う攻撃力の高い技巧派をひとりでも多くピッチに送り出し、そのクオリティーを駆使したハイテンポなスタイルを志向する。伝統的に折り紙付きのスピード&パワーを活かしつつ、そこにテクニックを上乗せするのが狙いだろう。
 
 基本姿勢は自陣でディフェンスを固め、素早い守から攻への切り替えからスピードに乗った展開で、一気にフィニッシュを狙う堅守速攻だ。中盤センターにモドリッチ、ラキティッチ、コバチッチというテクニカルなMFを擁すが、リズムよりも効率を重視する。
 
 無駄な時間を掛けずに1トップのマンジュキッチに縦パスを送り込むか、もしくは一旦サイドに開いてからのクロスを狙う。キッカーとターゲットの質が高く、セットプレーも大きな得点源となっている。

分析:アルド・ドルチェッティ
構成:片野道郎
【関連記事】
GROUP B 日程・結果

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ