安藤隆人 新着記事

流経大柏が“絶対的存在”の復活で市立船橋とのライバル対決に快勝! 総体出場を逃した千葉二強がプレミアの舞台で激突!!

「自分たちに残されているのは選手権とプレミアしかない」  流経大柏のキャプテン・八木滉史がこう語ったように、先のインターハイ予選において、決勝で日体大柏に延長戦の末に3-4で敗れ、チームはインター... 続きを読む

U-20日本代表FWが執念のブロックで全国切符を獲得‼桐光学園エース西川潤が決意の“優勝宣言”!

 延長戦までもつれ込む苦しい試合だった。桐光学園のエースストライカー・西川潤のコンディションは決して万全ではなかったが、チームの勝利のために100分間ピッチに立ち続けた。  U-20日本代表として... 続きを読む

浦和レッズ加入内定! 青森山田10番、武田英寿とは何者か? その名前の由来はもちろん…

 5年連続で青森山田の10番がプロ入りを果たした。神谷優太(現・愛媛FC)、高橋壱晟(現・モンテディオ山形)、郷家友太(現・ヴィッセル神戸)、檀崎竜孔(現・コンサドーレ札幌)に続き、武田英寿の浦... 続きを読む

【総体予選】市船、4強で敗れる!「1枠」を巡る超激戦区・千葉の決勝カードが確定!

 今年度からインターハイ(高校総体)の千葉の枠は2から1に減った。そのため昨年度まで代表決定戦だった準決勝は、唯一の代表を決める決勝に進むための関門となった。  まさしく、全国一の激戦区。準決勝の... 続きを読む

【総体|新潟代表】北越が群雄割拠の地区予選を9年ぶりに突破!! 厳しい現実乗り越え、全国8強の壁に挑む!

 インターハイ新潟県予選決勝において、北越が実に9年ぶりの全国出場、インターハイでは12年ぶりとなる本大会への切符を手にした。  北越は準決勝で新潟明訓を3-1で破ると、決勝では準決勝で京都サンガ... 続きを読む

【高円宮杯】高2でトップデビューを飾った逸材が復活。東福岡相手に躍動した名古屋U-18の石田凌太郎とは何者か

 4月14日に行なわれた高円宮杯プレミアリーグWESTの2節・東福岡対名古屋U-18の一戦。開幕戦で愛媛U-18に0−2で敗戦した名古屋は気迫みなぎる戦いを見せ、接戦の末に4&min... 続きを読む

【U-18高円宮杯】明日開幕のEASTを徹底解剖!戦力充実の清水、注目の選手権覇者・青森山田は…

 4月6日と7日にU-18高円宮杯プレミアリーグが開幕する。昨季はWESTを制した広島がEAST覇者・鹿島を下し、年間王者に輝いた。果たして今年はどのチームが戴冠するのか。参加するのは20チーム... 続きを読む

ナイジェリア人の父を持つ規格外FWが飛躍間近!U-20W杯出場を狙う櫻川ソロモンが示した成長の跡

 3月29日から31日まで激戦が繰り広げられた第24回船橋招待U-18サッカー大会。190センチという圧倒的な高さとフィジカルの強さを駆使し、前線で起点となったのが千葉U-18の櫻川ソロモン(3... 続きを読む

埼スタを沸かせた圧巻ドリブル! 目標のチリ代表入りへバスケス・バイロンが描く進化の道筋

 富士ゼロックス・スーパーカップの前座試合として行なわれたネクストジェネレーションマッチの日本高校サッカー選抜対U-18 Jリーグ選抜の一戦。選手権王者となった青森山田のMFバスケス・バイロンは、... 続きを読む

【高校選抜】朝岡監督も大絶賛!青森山田の司令塔・天笠泰輝が示した底知れぬポテンシャル

「ゼロックススーパーカップ」の前座試合として行なわれる「ネクストジェネレーションマッチ」。2日後にU-18Jリーグ選抜との一戦を控えた日本高校サッカー選抜が、2月14日に埼玉スタジアム第3グラウ... 続きを読む

選手権史上に残る激闘を展開した青森山田と尚志が再戦!! 新チームでの初対決の行方は?

 1月12日。埼玉スタジアムは大熱戦の舞台となった。青森山田vs.尚志の『東北勢対決』となった選手権準決勝は、3−3という壮絶な打ち合いの末に、PK戦で青森山田に軍配が上がった。  あ... 続きを読む

【選手権】準V流経大柏の1年生守護神が見せた涙。本人が語った「後悔」と先輩GKが語った「感謝」

[高校選手権・決勝]流経大柏1-3青森山田/1月14日/埼玉 「スコアを見て、情けないという気持ちだけでした」  流経大柏の1年生守護神・松原颯汰にとって、埼玉スタジアムの電光掲示板に刻まれた1&m... 続きを読む

【選手権】青森山田を救った“男気ストライカー” ライバルとの絆が呼び込んだ同点弾

 窮地に陥っていたチームを救ったのは、青森山田の『ミスター男気』FW小松慧(3年)だった。  準決勝の尚志戦。一度は逆転に成功するも、後半23分、同30分に尚志のエースストライカー・染野唯月(2年... 続きを読む

【選手権】「今年は“流経大柏の大会”に」昨冬準優勝の”千葉の雄”は悲願の日本一を掴み取れるのか

 まずは第一目標だった埼玉スタジアムに戻ってきた。昨年度準優勝の流経大柏は、1月12日に瀬戸内との準決勝を迎える。 「本当に苦しい戦いの連続でした。まず初戦の徳島市立戦が本当に苦しかった。それを突... 続きを読む

【選手権】大会前は絶不調!! それでも本田監督が絶対に外せなかった流経大柏2年生ボランチは何が凄いのか?

[高校選手権・準々決勝]秋田商0-1流経大柏/1月5日/フクアリ  1年生と2年生のボランチコンビが、今のチームに安定感をもたらしている。流経大柏の1年生・藤井海和と2年生・八木滉史は、初戦の徳島... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ