松澤浩三 新着記事

マンC加入のG・ジェズスがペップ、未来予想図、幼少期を語り尽す

 昨夏にリオで行なわれたオリンピックで母国に金メダルをもたらし、マンチェスター・シティ移籍を決めた後もパルメイラスでプレーを続けていたガブリエウ・ジェズスが、ブラジル全国リーグ制覇を果たした後、... 続きを読む

ジルーとチェフも登場! プーマが新スパイク『evoPOWER VIGOR 1』を発表!

 1月16日、場所はロンドンのドックランド。イングランド・フットボールの世界においても歴史的な場所にあるザ・フォージで開催されたローンチイベントでは、オリビエ・ジルーとペトル・チェフのアーセナル... 続きを読む

ペップはマンCをどう変えたのか? ピッチ内外の「改革」に迫る

 稀代の名将ジョゼップ・グアルディオラを新監督に迎えた今シーズンのマンチェスター・シティは、プレミアリーグ開幕戦から公式戦10連勝という最高の船出を飾った。  しかし、9月最後の試合となったチャン... 続きを読む

【コラム】絶好調ウォルコットは本当に全面開花したのか? アーセナル覇権奪回の鍵

 セオ・ウォルコットが絶好調だ。今シーズンはここまでプレミアリーグとチャンピオンズ・リーグで計11試合に出場して8ゴール・2アシスト。とりわけ直近7試合は7ゴール・1アシストとスーパーな活躍ぶりだ... 続きを読む

CL初陣で味わった落胆。岡崎が語った“まさかのベンチ外”の自己分析

 青天の霹靂というと多少大げさな表現かもしれないが、予想外の展開だったのは間違いない。  チャンピオンズ・リーグ(CL)グループステージ第1節、対クラブ・ブルージュ戦。昨シーズン、奇跡を実現したレ... 続きを読む

ドイツへレンタル移籍した浅野はアーセナルに戻って来られるか!?

 8月26日、アーセナルの広報チームからメールが届いた。今夏に同クラブへ加入した浅野拓磨の「ドイツ2部リーグのシュツットガルトへのレンタル移籍が決定した」という内容だった。  その前週、20日に行... 続きを読む

英国EU離脱でサッカー界の反応は?「選手獲得への影響は今夏から」「自国選手育てる最大の機会」

 6月23日。英国では、国民投票により欧州連合(EU)からの離脱が決定した。これにより、今後英国では様々な変化が予想され、極端な経済力低下を含めた政情不安が心配されている。それでは、国民的スポー... 続きを読む

【吉田麻也】"名古屋復帰"の可能性と"現在地"。「すべてはタイミング。どんな可能性も残っている」

 先月のことだが、日本の一部スポーツ紙で、吉田麻也の名古屋グランパスへの復帰の可能性について報じられていた。  これはまず、吉田がサウサンプトンで置かれる現況を反映しての報道である。もし、レギュラ... 続きを読む

【プーマ】セスクやアグエロが着用する4月29日発売の新スパイク『トリックス』! 記念イベントには元ドイツ代表のレジェンドも登場!

 爽やかな春の晴天も、なかなか気温の上がらない今年のロンドン。4月20日、街の中心部にある巨大観覧車「ロンドン・アイ」がすぐそばに見えるテムズ川にほど近い場所で、『プーマ』の新作スパイク『トリッ... 続きを読む

【マンチェスター・C 0-1 マンチェスター・U|採点&寸評】171回目のダービーで決勝ゴールを挙げたラッシュフォードがMOM!

【マンチェスター・シティ|チーム&監督 採点&寸評】チーム 4.5序盤にボールを回すことができた以外は、90分を通して良い部分が出なかった。まるで特徴もないパフォーマンスは、今シーズンのシティを象... 続きを読む

【現地発】武藤嘉紀のマンチェスター・ユナイテッド移籍。噂の信憑性は?

 今冬の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドが獲得に乗り出していると噂される武藤嘉紀。年末に本人が打診を認めたように、少なくともチェックリストには入っていると見られる。  英国メディアには、「ユ... 続きを読む

【現地発】本田は1月にウェストハムに移籍する――直感の根拠、そしてチームとの相性は?

 長年、英国に在住して気づいたのは、フットボール界では「火の無い所に煙は立たぬ」ということだ。たしかに近年は以前よりもいわゆるガセネタが増え、「ありえないだろう!」と間髪入れずに突っ込みたくなる... 続きを読む

セミプロ時代は工場勤務や警察沙汰も。岡崎慎司の同僚ヴァーディーの「知られざる波乱万丈伝」

 開幕11試合で11ゴールを挙げて、一躍大きな注目を浴びているのが、レスター・シティのFWジェイミー・ヴァーディーだ。この岡崎慎司の相棒は、いわば遅咲きの苦労人。その「知られざる波乱万丈伝」とは... 続きを読む

現在得点ランキング首位! ビッグクラブも注目するFWヴァーディーを“相棒”岡崎慎司が語る

 残留争いの場が主戦場と思われていたレスターが、ここまで完全に下馬評を覆している。10試合を終えた時点で獲得した勝点は19と、堂々の5位に名を連ねているのだ。  そんな勢いあるチームをけん引するの... 続きを読む

【プレミア現地レポート】フーリガニズム復活の兆候か!? 暴力沙汰頻発のイングランド

 2013-14シーズン、サウサンプトン対ウェストハム戦を終えて、懇意にしていたマウリシオ・ポチェティーノ監督(当時サウサンプトン)の通訳とともにロンドンに戻っていた電車内でのことだ。  私たちが... 続きを読む

海外日本人

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ