松澤浩三 新着記事

「日本人という枠だけでなく、世界的に見ても最高峰」アーセナル冨安健洋が“痺れる”プレミア優勝争いを語る「誰しもができる経験ではない」

 英国時間5月19日(日曜日)の16時、2023-24のプレミアリーグ(PL)はシーズン最終節を迎える。残り1試合の現時点で首位に立つのは勝点88を積み重ねたマンチェスター・シティ。4連覇を目ざ... 続きを読む

「危なかった。僕も大丈夫かなと...」三笘薫は危険タックルに何を思った?2点演出も遠ざかるゴール「見てくれる人は見てくれている」【現地発】

 2月18日のプレミアリーグ第25節で、ブライトンは敵地ブラモール・レーンでシェフィールド・ユナイテッドを5―0で一蹴した。 4-2-3-1の左サイドハーフとして先発出場した三笘薫は、76分まで... 続きを読む

「そこまでアジア杯も出なかったんで」三笘薫、ブライトン帰還後に語った“現状”。トッテナムに敗戦で「妥当な結果。もったいない」【現地発】

 ブライトンの三笘薫にとっては、アジアカップから英国に戻って最初のリーグ戦。敵地で行われたプレミアリーグ第24節のトッテナム・ホットスパー戦に左ウイングで先発出場した背番号22は、久々のプレミア... 続きを読む

「惨敗です」「全然ダメ」三笘薫、完敗のアーセナル戦後に語った問題点。お膳立てをフイにした味方のミスには「いや、僕も決定機があったんで」【現地発】

 直近のプレミアリーグのアーセナル戦、敵地エミレーツスタジアムで今季のリーグ優勝候補のひとつと対戦したこの試合で、ブライトンはまるで良いところを見せられずに、0-2で敗れた。 定位置の左サイドハ... 続きを読む

「実力かな」「最初からやるべき」終盤に決定機逸の三笘薫、試合後にこぼした本音。「プロで初めての壁か?」との問いには...【現地発】

 プレミアリーグ第16節、ブライトンは下位に沈むバーンリーを相手に1対1の引き分けで、9月以来となる連勝とはならなかった。 この試合で、シーガルズ(ブライトンの愛称)のボール支配率は72パーセン... 続きを読む

「グロスのおかげ」「でも、2人引きつけてたんで...」三笘薫、“裏をかいた”アシストの狙いは? フル出場には本音も「正直、出るつもりはなかった」【現地発】

 第14節のブレントフォード戦は、ブライトンにとっては、久々に力で引き寄せた勝利だったのではないか。ホームのリーグ戦に限れば、9月24日のボーンマス戦以来2か月半ぶりの勝利を挙げたわけだが、その... 続きを読む

「質の高いクロスを上げれば終わりの話。できていないのが不甲斐ない」三笘薫がチェルシー戦後に語った“現状”。気になるコンディションは「もう大丈夫、問題ないです」【現地発】

 三笘薫にとって3週間ぶりとなったプレミアリーグ。敵地でのチェルシー戦は、ベンチからのスタートとなった。 試合開始1時間前に配られるメンバー表を受け取り、先発出場選手の面子を見比べる。ワールドク... 続きを読む

「悪い流れのまま行きたくない」三笘薫が日本代表の合流前に語った本音。6戦未勝利に「挙げればきりがないほど悔しい」【現地発】

 6週間にわたってリーグ戦の勝ち星から見放されていたブライトンは、下位に低迷する昇格組のシェフィールド・ユナイテッド相手でも勝ちきれずに(1-1)、インターナショナルウィークを迎えることとなった... 続きを読む

「1対1で勝てると思った」38歳の元英代表DFを翻弄!なぜ三笘薫は後半から輝けたのか。感情を爆発させた理由、5戦未勝利には「もちろん悔しい。でも...」【現地発】

 敵地グディソン・パークでのエバートン戦は終始雨の中で進んだ。序盤に先制点を喫して、その後はボールを支配するもなかなか決定機を作れなかったブライトン。そんな窮地で、終盤に同点ゴールを演出して、チ... 続きを読む

「シュートが打てる場面でパスの選択が多かったのでは?」三笘薫の答えは? 勝点2を失ったフルアム戦、味方のミスからの失点には「時間帯とかも考えていかないと」【現地発】

 ホームにフルアムを迎えたプレミアリーグ第10節。ブライトンは序盤から優勢に試合を進めて26分には先制点を挙げたものの、その後は追加点を奪えずに、逆に後半に追いつかれて結果的には1-1の引き分け... 続きを読む

「戦術、デュエル、全て負けていた」三笘薫が王者マンC戦後に語った本音。コンディション、決定機逸、ゴール演出については...「前半からやっておけば」【現地発】

 1-2で敗れたマンチェスター・シティ戦後の囲み取材。「どのように試合を振り返るか?」との問いに対して、三笘薫は「いや、もう同じですね。前半に失点して、いつも通りの難しい展開にしてしまった。ギア... 続きを読む

「100%に持っていくのは難しい」三笘薫が代表辞退直前に明かしていた自身のコンディション。リバプール戦の“PKなし判定”については「取ってほしい気持ちはありますけど...」【現地発】

 10月8日に行われたブライトン対リバプール戦。プレミアリーグの上位対決となったこの試合は、日本のファンにとっては三笘薫と遠藤航という代表の主力が激突する“日本人ダービー&rdquo... 続きを読む

「楽しいですよ、やっぱり」三笘薫が口にしたプレミアへの“本音”。ブライトン番記者の印象は?「カオルがピッチに立つと…」

 去る8月31日(現地時間)に敵地クレイブン・コテージで行なわれたプレミアリーグ第5節のフルアム戦。ブライトンのグラハム・ポッター監督は、今シーズン初めてダニー・ウェルベックをベンチスタートにさ... 続きを読む

香川、岡崎、稲本、中田…イングランドでプレーした歴代日本人選手のリアル評は? 英国人記者に訊く【現地発】

 日本人選手がヨーロッパの舞台で活躍するようになって久しい。サッカーの“母国”イングランドでも、何人もの和製の名手たちが奮闘してきた。 世界中から選りすぐりのスターが集う... 続きを読む

「エグいです…」ファン・ダイクの身体に触れた日本人トレーナーが感じた“怪物CB”の凄みとは?【現地発】

 リバプールのフィルジル・ファン・ダイクは現在、間違いなく世界最高のCBだ。タックル、ブロック、インターセプト、プレーを読む力、ヘディング、前線へのフィード。何を取っても一線級で、CBとしての能... 続きを読む

海外日本人

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ