日本代表 新着記事

【藤田俊哉の目】解消されなかった“渋滞”。本田や長谷部がピッチ上での交通整理をすべき!

 シンガポールのゴール前はつねに人だらけだった。そんな密集地帯にあえて勝負を挑み続ける必要が果たしてあったのだろうか、というのが試合後の率直な感想だ。  試合は、日本が前線に人数をかけ、攻めては撥... 続きを読む

【日本代表<推定市場価格ランク付き>】市場価格「3億4000万円」の宇佐美。シンガポール戦で価値を高められず

 滑り、外し、合わず――。シンガポール戦に先発した宇佐美のパフォーマンスを総括すれば、その三言で足りるだろう。前半は続けざまに転び、シュートは枠を外れ、左SB太田との呼吸も今ひとつ合わなかった。... 続きを読む

【識者の視点】今後の代表強化にも影を落とすシンガポール戦のドローが持つ意味

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、実に正直に胸の内を明かしたと思う。「私は負けるかもしれないと、それが少し怖かった。これほどのチャンスを決められないと、逆に最後の最後に決められて終わる。しかし... 続きを読む

【日本代表】本田が求める「臨機応変」さ

 ワールドカップ・アジア2次予選でホームにシンガポールを迎えた日本代表は、まさかのスコアレスドローに終わった。予想どおりに相手が引いて守りを固めるなか、本田は右ウイングでプレー。身体を張って起点... 続きを読む

【日本代表】停滞する背番号10に、いま必要なこと

 またしても、輝けなかった。トップ下という本職で出番を与えられながら、シンガポール相手にゴールもアシストも挙げられなかった。そして、背番号10は最初の選手交代でピッチを後にした。【PHOTOギャ... 続きを読む

【シンガポール戦会見】ハリルホジッチ監督「ショックとまでは言わないが、それに似た感覚を持っている」

「長い間、サッカーに携わってきましたけど、19回ほど決定機を作りながらこのような結果になったのは初めてです。こういう試合になってしまうと、カウンターアタックから1点奪われて負けるというパターンも... 続きを読む

日本代表がワールドカップ予選で白星発進に失敗したのは6大会&26年ぶり

 シンガポールとの対戦は0-0に終わり、ドロー発進となった2018年ロシア・ワールドカップ・アジア2次予選の日本。勝利だけが求められていただけに、試合後の埼玉スタジアムにはブーイングが鳴り響いた。... 続きを読む

【日本 対 シンガポール】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評

【サッカーダイジェスト取材記者による採点&寸評】取材:谷沢直也、白鳥和洋、五十嵐創、大木 勇、増山直樹【マッチレポート】日本 、決め手を欠きドロー発進…【PHOTOギャラリー】日本 0-0... 続きを読む

【日本 0-0 シンガポール】チャンスに決め手を欠きドロー発進

 ロシア・ワールドカップに向けた最初の戦いとなるアジア2次予選の初戦、シンガポール戦が6月16日、埼玉スタジアムで行なわれ、日本は相手GKの再三の好セーブに苦しめられスコアレスドローに終わった。... 続きを読む

【日本 対 シンガポール/速報】再三の好機を活かせず、前半を終えて0-0

 ロシア・ワールドカップのアジア2次予選の初戦、シンガポール戦が埼玉スタジアムで19時30分にキックオフされた。 日本はのスタメンは、GK川島、DFが右から酒井宏、吉田、槙野、太田と並び、MFは... 続きを読む

【布陣図付き】シンガポール戦スタメン発表! 左SBに長友に代わって太田を起用

 ロシア・ワールドカップへ向けた最初の関門となるアジア2次予選の初戦、シンガポール戦が6月16日、埼玉スタジアムで19時30分にキックオフされる。  試合に先立って、両チームのスターティングメンバ... 続きを読む

【日本代表プレーバック】過去3大会に見る、ワールドカップ予選初陣の難しさ

 ワールドカップ・アジア予選がすべてホーム&アウェー方式に統一されたのは、本大会出場枠が現在と同じ「4.5」になった2006年ドイツ・ワールドカップ予選からだった。  継続的に本大会に出場していた... 続きを読む

【シンガポール戦展望・スタメン予想】最大の注目は香川。アジア予選は“審判”が下される場に!?

 ロシア・ワールドカップへのチャレンジが、いよいよ6月16日から始まる。アジア2次予選の初戦──埼玉スタジアム2002で迎え撃つのは、FIFAランク154位のシンガポールである。  同ランクで52... 続きを読む

【日本代表】神出鬼没の香川真司、復活なるか?

 4-0で快勝したイラク戦後、香川はやや不満そうな表情を浮かべていた。本田や岡崎、交代出場の原口が結果を残すなか、自身が放ったシュートは1本のみ。「結果」にこだわってきた“10番&r... 続きを読む

【日本代表】武藤嘉紀――自身初のワールドカップ予選にして“ラストゲーム”。「ゴールへのイメージはある」

 6月16日のシンガポール戦は、自身初のワールドカップ予選の舞台にして、ドイツに旅立つ前の代表ラストゲームだ。 「緊張は特にないです。試合に出場できれば、ゴールを決めて勝利に貢献したい。自分らしさ... 続きを読む

海外日本人

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ