白鳥大知(サッカーダイジェスト特派) 新着記事

愛息子の前で痛恨のPK失敗…それでもC・ロナウドは「これもサッカーの一部。悪いことは永遠には続かない」と前を向く

 EURO2016の9日目にあたる6月18日、パルク・デ・プランスのピッチに、クリスチアーノ・ロナウドは勢いよく駆け出してくる。サポーターの声援に手を振って応えた後、ウォーミングアップを始めた。... 続きを読む

羽交い絞め状態ながら満面の笑み……C・ロナウドとツーショットを撮った“乱入男”と遭遇!

 0-0のスコアレスドローで終わった6月18日のポルトガル対オーストリア戦。その試合後、ある珍事があった。  まさかのPK失敗などもあり2試合連続のノーゴールに終わったクリスチアーノ・ロナウドが、... 続きを読む

イブラヒモビッチも封殺! イタリアの“完璧な”ディフェンス

 2-0で勝利した6月13日の初戦でエデン・アザールやケビン・デ・ブルイネら擁するベルギーの強力攻撃陣を封じたアッズーリ守備陣は、世界最高峰のCFであるズラタン・イブラヒモビッチを封じられるのか... 続きを読む

香川真司の良き相棒またはライバルに? ドルトムント移籍の18歳エムレ・モルがEUROで垣間見せたポテンシャル

 少年のような顔立ちの小柄な背番号21が、タッチライン際に立つ。69分、ジェンク・トスンに代わってピッチに送り出されると、トルコ・サポーターはこれまで以上の野太い声でエールを送った。  トルコにと... 続きを読む

【EURO2016】ブレイク候補のエムボロが2試合連続の低調……。その理由と潜在能力をスイス人記者に聞いた

 EURO2016の有力なブレイク候補と目されていたのが、スイスのブレール・エムボロだ。  超人的なスピード、規格外のボディーバランス、正確な右足と三拍子が揃うCFと評判で、所属するバーゼルでは1... 続きを読む

すべてはC・ロナウド次第――。アイスランド戦で再確認されたポルトガルの特異性

 EURO2016最大のスターが登場したのは、大会5日目の6月14日。サンテティエンヌのジョフロウ・ギシャールに、クリスチアーノ・ロナウドは降り立った。  年間50得点を5年連続で達成し、レアル・... 続きを読む

【EURO2016】ベルギーの豪華タレント陣を完封した、イタリアの古き良き伝統と美学

「史上最弱のアッズーリ」  EURO2016開幕前、誰もがそう囁いていた。ただでさえタレント不足が叫ばれる中で、クラウディオ・マルキージオとマルコ・ヴェッラッティという中盤のキーマンも怪我でエント... 続きを読む

ポグバはプラティニやジダンになれるのか? フランスのEURO制覇の最大の鍵はそこにある

 6月10日のオープニングゲームでルーマニアを2-1で下した開催国フランス。6月15日の2節アルバニア戦を含めた今後に向けてキーマンにあるのが、ポール・ポグバだ。  開幕戦は前半こそ長短のパスが冴... 続きを読む

【EURO】モドリッチとアルダーー。「10番の光と影」がクロアチアとトルコの明暗を象徴する

 ルカ・モドリッチとアルダ・トゥランーー。6月12日のトルコ対クロアチア戦は、自他ともに認める国民的英雄である両10番のパフォーマンスが、試合の行方を大きく左右した。  4-2-3-1の右セントラ... 続きを読む

【EURO2016】発煙筒、爆発音、そしてファン同士の喧嘩――。イングランド対ロシア戦が緊迫感に包まれる

 マルセイユのヴェロドロームを舞台とした6月11日のイングランド対ロシア戦が、大きな緊迫感に包まれた。  試合は73分にイングランドがエリック・ダイア―の直接FKで先制。ビハインドに業を煮やしたの... 続きを読む

1ゴール・1アシストを挙げた開催国フランスの救世主パイエ。現地メディアには「Merci Payet !」の文字も!

 現地時間6月10日のEURO2016開幕戦。フランスはルーマニアを相手に思わぬ苦戦を強いられる。前半はオリビエ・ジルーとアントワーヌ・グリエーズマンが二度ずつ絶好機を逃し、スコアレスでハーフタ... 続きを読む

【EURO2016】エッフェル塔のファンゾーンは開幕2日前で未完成…。自撮り棒詐欺や貴重品管理には要注意!

 サッカーダイジェストのEURO2016特派班は、6月7日にパリに到着。翌8日にはパルク・デ・プランスで取材パス取得の手続きをし、その帰りにエッフェル塔近くのファンゾーンに立ち寄った。  現地在住... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ