スティーブ・マッケンジー 新着記事

【英国人記者コラム】オスカールやテベスの中国行きは現代の「情熱よりも金」を象徴…

 いま、イングランドでは、「次は誰が中国に移籍する」というネタが大きな話題を呼んでいる。  その信憑性はさておき、先週にはズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・U)、ジョン・テリー(チェルシ... 続きを読む

【英国人記者コラム】新スタジアム移転が原因ではない!ウェストハムが弱くなった本当の理由

 先週の土曜日はウェストハムにとって最悪の日になった。  今シーズンのウェストハムはそういった冴えない週末を過ごすことが多いが、12月3日のアーセナル戦(プレミアリーグ14節)は、ロンドンのライバ... 続きを読む

【英国人記者コラム】ペップのスタイルに難色を示したイングランドは、時代遅れの文化を今こそ変革すべきだ

 ジョゼップ・グアルディオラがマンチェスター・シティに就任した当初、この稀代の戦術家がマンチェスター・Cだけでなく、プレミアリーグにも今までになかったものをもたらすかもしれないとファンとメディア... 続きを読む

【英国人記者の視点】浦和のCS制覇の鍵はサポーター! 欧州のような敵を萎縮させる雰囲気を作れるか?

 見事に晴れ渡った11月3日の木曜日。しかも休日だ。私はこれ以上ないサッカー日和に、埼玉スタジアムへと浦和レッズ対横浜F・マリノスを観戦しに出かけた。  道中で私は、友人から聞いていた11年前の出... 続きを読む

【英国人記者の視点】川崎に見る“パスだけのサッカー”の限界。現状は2、3年前のアーセナルで、目指すべきはバルサだ

 久々に来日した私は10月29日、鹿島アントラーズ対川崎フロンターレ戦を観に鹿島まで足を運んだ。とくに「志向している攻撃的なスタイルが素晴らしい」と聞いていたので、川崎には高い関心があった。  私... 続きを読む

【現地記者の英国通信】リバプール対マンUとイングランド対サンマリノ、あなたはどちらにワクワクするだろうか?

 欧州の代表ウィークが終わり、イングランドにクラブシーンのフットボールの活況が戻ってきた。  近年、欧州の予選は参加枠が増え、より多くの国が加わるようになったことでフットボールの質が低下したように... 続きを読む

【現地記者の英国通信】リバプールも好調! クロップこそいまプレミアで最も魅力的な指揮官だ

 今シーズンのプレミアリーグは、ジョゼップ・グアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョ、アントニオ・コンテという世界トップレベルの指揮官たちが新たに加わり、大きな話題を呼んだ。  しかし、開幕してから最... 続きを読む

【現地記者の英国通信】野心的なペップ・シティと熱狂的なインテリスタたちの声

 私は、先月、幸運なことにマンチェスター・C、バルセロナ、インテルのホームゲームを観戦することができた。  この3つのクラブはヨーロッパのサッカーシーンにおいて知らぬ人はいないほどに有名なチームだ... 続きを読む

【現地記者の英国通信】メディアの関心度が低いコンテ政権のチェルシーがリーグ制覇を成し遂げる!?

 先週、チェルシーの指揮官であるアントニオ・コンテの記者会見が行なわれると聞き、私は今シーズン初めて、チェルシーのトレーニンググラウンドのコブハムに向かった。  私はコンテ監督の記者会見が、フース... 続きを読む

【現地記者の英国通信】スタジアム移転は良いことばかりではない? ウェストハムのホーム開幕戦に見る新居移転の課題

 8月22日、プレミアリーグ2節で、ウェストハムは新ホームスタジアムのロンドン・スタジアムでボーンマスと対戦した。  ウェストハムは昨シーズンまでアプトン・パークで112年間を過ごした。移転は熱狂... 続きを読む

【現地記者の英国通信】パフォームとの巨額契約でJリーグは革新的な未来を描けるはずだ

 ここロンドンにも、日本からのスポーツビジネス界とフットボールにとって非常に重要なそのニュースは届いた。  そのニュースとは2017年からJリーグがイギリスに拠点を置くPerform Groupと1... 続きを読む

【現地記者の英国通信】テロで負った痛みとフランスの残念な幕切れ

 15回目のEURO決勝が終わった。結果は1-0でポルトガルが勝利し、初の欧州制覇を成し遂げた。私はその結果を残念に思っている。正直に言ってフランスが勝つことを私は望んでいたからだ。  その理由は... 続きを読む

【現地記者の英国通信】EU離脱でプレミアリーグの移籍はどう変わる!? 

 先々週、イングランドはヨーロッパで2つの終わりを迎えた。ひとつはEURO2016、決勝トーナメント1回戦、アイスランド戦での惨敗。そしてもうひとつは何よりも重大なEUからの離脱だ。  いずれもE... 続きを読む

【現地記者の英国通信】過去の主要大会とは違うイングランド国内の穏やかな楽観主義

 6月10日に開幕したEURO2016。イングランドのファンにとって、今回のEUROまでの流れは、過去数回のワールドカップやEUROとは違っている。これまでは、イングランド代表への期待が非常に高... 続きを読む

【現地記者の英国通信】112年の思い出が詰まったアプトン・パーク最終戦。あの日、スタジアム周辺で何が起きていたのか――。

 5月11日、ウェストハムは1904年から使用してきたアプトン・パークでのラストゲームを戦った。  来シーズンからオリンピックスタジアムに本拠地が移転するウェストハムは、この4日前にスウォンジーに... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ