高村美砂 新着記事

日本代表、井手口陽介のルーツを辿る~その才能はいかにして磨かれたのか(前編)

[サッカーダイジェスト2017年2月9日号より加筆・修正]  小学校時代の恩師と、G大阪ユースの指導者たちが口を揃えて、「サッカーを知っている」と評したのは、偶然ではないだろう。井手口陽介のプレー... 続きを読む

【G大阪】早くも6発目! 自己最多得点へ倉田秋がハイペースでゴールを量産できる理由

[J1リーグ12節]G大阪 3-0 鳥栖/5月20日/吹田S 1点リードで迎えた37分。右サイドのオ・ジェソクからのクロスボールにダイレクトで合わせたのは倉田秋だった。彼の「スルー!」の声に反応し、ニ... 続きを読む

【G大阪】特別な想いで臨んだ古巣戦。最終ラインのリーダーは何を思ったか?

[J1リーグ10節]G大阪 1-1 清水/5月5日/吹田S「自分がこれまで育ってきた過程のなかで、所属したすべてのクラブのどこが抜けても今の自分はなかった。もちろん、清水エスパルスもそのひとつだし、... 続きを読む

ACL崖っぷちのG大阪…攻撃の要・アデミウソンが力説した逆転突破のための条件とは?

 エースFWアデミウソンの離脱が発表されたのは4月14日のこと。9日の練習中に痛めた右足は、この日『右内転筋肉離れ』と診断された。  受傷日から数えれば、2週間強となる4月25日。正念場を迎えたA... 続きを読む

【G大阪】代表GKの代役を任されたが…鈴木椋大が悔しいデビュー戦で感じたアジアレベルの底力とは?

 GK鈴木椋大が移籍後初先発を告げられたのは前日練習の直前だった。  直近のJ1・3節のFC東京戦でGK東口順昭が左頬骨を骨折したのを受け、必然的に残ったGK3人の誰かにチャンスが来ることは分かっ... 続きを読む

【G大阪|新体制】無冠からのリベンジ。長谷川体制5年目は『勝』にこだわる

 1月15日、市立吹田サッカースタジアムにて2017年の新体制発表記者会見が行なわれ、山内隆司代表取締役社長以下、長谷川健太監督、新加入選手5名が顔を揃えた。  今季のチームスローガンは『勝』。そ... 続きを読む

ガンバ大阪スペシャル対談! 遠藤保仁×藤春廣輝「ホーム吹田で初タイトルを」

――おふたりがG大阪でともにプレーして6シーズン目。互いのチーム内での存在感、プレーについて感じていることを聞かせて下さい。 遠藤 ハルはとにかくタフ。11年の加入時は、今のようなタフさはまだなか... 続きを読む

宇佐美貴史・移籍会見全文|『壁にぶつかって、こけて、また起き上がって、という人生を選んだ』

 G大阪のエース、FW宇佐美貴史のドイツ1部アウクスブルクへの完全移籍が発表され、6月21日13時から記者会見が行なわれた。 多くの報道陣が詰めかけるなか、宇佐美は自身2度目のブンデスリーガへの... 続きを読む

【G大阪】沖縄キャンプで“相部屋”藤本淳吾&宇佐美貴史の連係は? 1月24日に今季初の実戦へ!

 1月17日に結団式、必勝祈願、新体制会見を終えたG大阪は同18日、1次キャンプの地となる沖縄・中城村へ移動し、本格始動。歓迎セレモニー等を終えるや、午後から約1時間半にわたって汗を流した。  今... 続きを読む

【G大阪/新体制】“新顔”は近年で最多の9人。総勢37人の大所帯で「4冠獲得」を狙う

 1月17日、G大阪の2016シーズンがスタート。午前中には、今季を戦う全スタッフ、選手が顔を揃えるなかで結団式と必勝祈願を行ない、午後からは長谷川健太監督と新加入選手が新体制発表記者会見と新ユ... 続きを読む

【G大阪】明神が名古屋へ! スタッフとしての慰留を固辞し、「対戦相手として、新スタジアムに立つことを目指す」

 G大阪で過ごしたこの10年。移籍初日に言われた当時の佐野泉代表取締役社長の言葉をずっと、自分に投げかけてきた。 「今季は強化に8億円をかけた。君たちに、頑張ってもらわなければ困る」  06年1月の... 続きを読む

【G大阪】宇佐美も痛感した「万博の力」。熱狂のスタジアムはいつ、どのようにして作られたのか――

「万博が最後、僕らの背中を押してくれたのかも知れない」  宇佐美貴史からそんな言葉を聞いたのは、J1リーグの第2ステージ最終戦・山形戦後だ。いつになく流れの悪い前半を0-0で乗り切った後半、大森晃... 続きを読む

【遠藤保仁セレクト】J1・500試合の中から本人が選ぶ「記憶に残る5つのゲーム」

 遠藤保仁は2015年10月19日に行なわれたJ1第2ステージ14節・G大阪対浦和戦で、Jリーグ史上4人目タイとなる「J1通算500試合出場」を達成した。プロとなってから足掛け18年目。その大半... 続きを読む

【ACL第2節】城南 2-0 G大阪|遠藤保仁が語る敗因は「3分の1の精度」

 3月3日、アジア・チャンピオンズリーグ(以下、ACL)第2戦、城南戦を戦うべく乗り込んだ韓国の地でも、相変わらず遠藤保仁の人気は高かった。  過去6度出場したACLでも、ほとんどの国で『遠藤フ... 続きを読む

【G大阪】さらなる高みへ 宇佐美貴史が掲げる「下半身&スタミナ強化」

 昨季の三冠獲得に大きく貢献した宇佐美貴史は、「もっとやれる可能性を感じている」と、新シーズンに向けての意気込みを語る。22歳のストライカーは、どこまで進化を続けるのか。 ――◆――◆――  G大阪... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ