【J1採点&寸評】仙台×川崎|小細工なしのぶつかり合いで川崎が仙台を粉砕!

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2016年07月02日

川崎――最後まで攻撃の手を緩めぬ采配。攻め切って大きな勝点3を得る。

14 中村憲剛 6.5
急所を熟知するプレーぶりで、攻撃にリズムを作るとともに絶妙な変化を与える。21分に小林の得点をアシスト。87分の三好の得点シーンでは、受け手のスピードを殺さぬ高精度のパスを供給した。
 
FW
11 小林 悠 7(88分OUT
抜群のスピードを武器にして、1対1で石川直を翻弄。裏を突く動き出しとエアバトルの強さで、1得点・1アシストと躍動した。左サイドに移ってからは、少し存在感が薄れてしまったか。
 
13 大久保嘉人 5.5
強烈なプレッシャーを受け続けて、本来のパフォーマンスとはいかず。48分に中村、E・ネットとつながって訪れた決定機を逃したことが悔やまれる。ストライカーとしてゴールできなかったため、辛めの評価となった。
 
交代出場
17 武岡優斗 5.5(46分IN
右SBに入って、堅実に攻撃の芽を摘む。1対1のシーンでも決して焦ることなく、飛び込まずに相手の選択肢を制限した。
 
26 三好康児 6.5(75分IN
カウンターから、嬉しいリーグ戦初ゴールをゲット。相手DFの股を抜いてニアサイドに突き刺したシュートは見事のひと言だった。
 
7 橋本晃司 -(88分IN
逃げ切りのためではなく、攻め切るために投入される。出場時間は短かったものの、高い技術で有効な切り札であることを示した。
 
監督
風間八宏 6.5
途中でもたつく時間帯もあったが、試合開始直後からボールを保持して攻め切るサッカーを貫き、アウェーで仙台を粉砕。最後まで貪欲にゴールを目指す起用法も大当たりだった。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

6月23日発売号のサッカーダイジェストの特集は、J1全18クラブの補強&改善計画書。今季前半戦の戦いぶりを振り返りつつ、第2ステージに向けた強化ポイントを探ってみました。インタビューでは、大宮の家長選手、柏の中村選手が登場。クラブダイジェストでは、熊本を取り上げています。

画像を見る

【関連記事】
川崎が完勝で“首位奪回”! 役者が絡んで奪った2発&“東京世代”のU-19代表MFがJ1初ゴール
「託す人、託される人」。五輪メンバー入りした大島と原川に、負傷離脱中の奈良が送った熱いメッセージ
中村憲剛が「イニエスタみたい」と評する背番号10。大島僚太は歴史を変えるキーマンになれるか
【J1採点&寸評】鹿島 1-3 G大阪|ステージ王者を翻弄したG大阪の背番号7がMOM
柴崎が技あり2発。広島が連覇へ第2S好発進! アーセナル移籍が噂される浅野は3点目に絡む

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ