【J1採点&寸評】仙台×川崎|小細工なしのぶつかり合いで川崎が仙台を粉砕!

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2016年07月02日

川崎――これぞ最強の矛。進化する司令塔・大島が文句なしのMOMに。

【川崎|採点・寸評】
GK
1 チョン・ソンリョン 6.5
ボールが相手陣にある時間が長く、プレーする機会は限られた。それでも42分には野沢のシュートをストップして見せ場を作るとともに、最後までゴールラインを割らせずにクリーンシートを達成。
 
DF
18 エウシーニョ 6(75分OUT
良くも悪くも及第点の出来。選手交代によって右SBからサイドハーフに位置を上げた後半には持ち味の攻撃参加を披露したが、62分のチャンスは渡部の必死なブロックに防がれてしまった。
 
5 谷口彰悟 6
的確な状況判断を活かした素早いカバーリングで、次々と相手が通そうとするパスを処理していく。全体的にミスはなかったものの、70分のヘディングでのクリアミスは0.5点の減点に値するか。
 
4 井川祐輔 6
48分に勇敢なシュートブロックをするなど、闘争心を前面に出してハモン・ロペスに自由を与えず。判定に苛々した姿を見せることもあったが、要所要所で冷静さを失うことはなかった。
 
20 車屋紳太郎 6
自身のサイドに流れてくるR・ロペスを、谷口や井川との連係で抑え込む。前半には縦に抜ける果敢なドリブル突破で、ポゼッションスタイルに変化を与える手段としては十分に有効だった。
 
MF
21 エドゥアルド・ネット 6.5
時には最終ラインに下がり、時には前目に位置取る。コンビを組んだ大島と補完し合いながら、気の利いた動きでパスサッカーを活性化。欲を言えば、もっと前に顔を出して推進力を生みたかった。
 
10 大島僚太 7 MAN OF THE MATCH
稀代のコンダクターたる雰囲気を醸し出す。様々な場所に顔を出してパスを受け、散らすだけでなく、常に危険地帯を狙う姿勢で先制ゴールの起点に。54分には一気にギアを上げてボールを持ち上がった。
 
27 大塚翔平 6.5(HT OUT
トップ下を住処としながら、神出鬼没にボールサイドに出現しては受け手になる。掴まえどころのない動きは仙台にとっては脅威で、17分に勢いづかせる先制ゴールをマーク。プレーは前半のみだったが、存在感は十分だった。
【関連記事】
川崎が完勝で“首位奪回”! 役者が絡んで奪った2発&“東京世代”のU-19代表MFがJ1初ゴール
「託す人、託される人」。五輪メンバー入りした大島と原川に、負傷離脱中の奈良が送った熱いメッセージ
中村憲剛が「イニエスタみたい」と評する背番号10。大島僚太は歴史を変えるキーマンになれるか
【J1採点&寸評】鹿島 1-3 G大阪|ステージ王者を翻弄したG大阪の背番号7がMOM
柴崎が技あり2発。広島が連覇へ第2S好発進! アーセナル移籍が噂される浅野は3点目に絡む

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ