【インタビュー】ジェイミー・ヴァーディー――大記録への熱き想いと波乱万丈のキャリアを語る

カテゴリ:ワールド

ジェームズ・シャープ

2015年11月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昼間に長時間工場で働いて、夜はフットボールの毎日。

ヴァーディーは工場に勤務しながらフットボールをつづけたことで、爆発的なスピードを生み出す強靭な足腰を手に入れた。 (C) Getty Images

画像を見る

――君のキャリアはまさに波乱万丈だ。ついに代表にまで上り詰めたけど、15歳のときにサポートしていた大好きな地元クラブ、シェフィールド・ウェンズデイから見限られてしまった。大きな失望だったでしょ。
 
「あれは堪えたし、しばらく立ち直れなかった。実際にフットボール自体からしばらく距離を置いたしね。キャリアのなかでも最悪の出来事だった。解雇の理由は『背が低いから』。本当にショックだったよ。
 
 この身体的な問題があるかぎり、今後もプロになれないんじゃないかって、すごく悩んだ。でも皮肉なもんでさ、リリースされてから1か月くらいして一気に身長が伸びたんだ(苦笑)。信じられるかい? 140センチだったのが、あっという間に20センチも伸びたんだぜ! だからこそ、より一層ショックが大きかった。
 
 すべて忘れようとしたけど、怒りと失望で頭の中がいっぱいで、冷静にはなれなかった。
その結果、8か月もフットボールから遠ざかったんだ。もうプロになる夢は終わったと覚悟したよ」
 
――ところがその後、ストックスブリッジ・パーク・スティールズ(8部)に加入する。とても重要なリスタートになったようだね。
 
「当時はフルタイムで仕事をしていたから、かなりタフだったけどね。昼間に長時間工場で働いて、夜はフットボールの毎日。重いものを運んで窯に入れ、今度はそれを自分の身長と同じかそれより高い場所に乗せなきゃいけなかった。
 
 毎日それほど重いものを100回くらい運びつづけるから、いつか背中を傷めてしまうと思って辞めたんだけど、足腰はかなり鍛えられた。いまの俺を作った基盤だね」
 
【関連記事】
レスターが3発完封勝利で単独首位に! 岡崎は泥臭くシーズン2点目をゲット――ニューカッスル 0-3 レスター
セミプロ時代は工場勤務や警察沙汰も。岡崎慎司の同僚ヴァーディーの「知られざる波乱万丈伝」
「パッとしない」「古い名前」 レスター新監督ラニエリをリネカーがバッサリ切り捨て
【プレミア現地コラム】リバプールは“フォース”と共にある。クロップ監督が手がける「新作」の完成が待ち遠しい
【現地発】本田は1月にウェストハムに移籍する――直感の根拠、そしてチームとの相性は?

Facebookでコメント

Soccer_JLeague_open_0223_300x250_samurai_DG_A.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月8日号
    2月22日発売
    2018年シーズン
    J1&J2リーグ 開幕ガイド
    豪快解説陣が徹底順位予想
    中村憲剛×小林悠対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24